[新製品・サービス]

データをPCに保存しない「データレスセキュリティ」―横河レンタ

2016年2月4日(木)IT Leaders編集部

横河レンタ・リースは2016年2月3日、データを端末に保持しないPC環境を提供する「Flex Work Place Passage(パサージュ)」で、セキュリティ機能を強化した「同Ver.2.0」を発売したと発表した。

 「Passage」は、Windows搭載PCの利用時に、すべてのデータをファイルサーバーもしくはクラウド上のストレージサービスに保存することで、PCにデータを保存しない「データレス」セキュリティを可能にする。PCの持ち出しにともなう情報漏えいリスクを抑えながら、リプレースや修理交換時のデータ移行、廃棄時のデータ消去といった運用負荷も軽減できる。

 「同Ver.2.0」では、セキュリティ機能の強化を図った。OS領域をアイソレーション(隔離)するWindowsフィルタードライバーを開発、通常操作に加え、不正なプログラムによるローカルHDDへのデータ書き込みも厳格に禁止できるようにした。

 設定ファイルや一時ファイルなど、ローカルHDDへの保存が必要なデータは暗号化して保存する。ファイルに重要なデータが含まれている場合でも情報漏えいを防止できる。

 リダイレクト(転送)機能は、独自開発のWindowsフィルタードライバーとWindowsエクスプローラーのポリシーの両方で制御する。これにより、Windowsの標準機能であるフォルダーリダイレクトに比べて、より多くのアプリケーションに対応できるようになった。

 Passageは、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)と比べて数分の1以下の低コスト、低運用負担での導入が可能だ。また、画面転送方式のVDIやシンクライアントに比べ、低速なモバイルネットワークでもスムーズな操作環境を提供でき、動画視聴にも適している。対応環境は、Windows 7/8.1。

 Passage Ver.2.0の価格は、買い取りライセンスの場合、1ユーザー企業当たりの「ベースライセンス」が37万4000円で、1利用者当たりの「ユーザーライセンス」が1万2000円、保守サポート費は別途(初年度必須)になる。レンタルライセンスの場合は、1利用者当たりの「ユーザーライセンス」が月額780円(保守サポート費を含む)。

 横河レンタ・リースは、Windows搭載PCを利用する企業を対象に、2015~2017年度の3年間で利用者数5万人への販売を目標にする。

関連記事

データをPCに保存しない「データレスセキュリティ」―横河レンタ横河レンタ・リースは2016年2月3日、データを端末に保持しないPC環境を提供する「Flex Work Place Passage(パサージュ)」で、セキュリティ機能を強化した「同Ver.2.0」を発売したと発表した。

PAGE TOP