[インタビュー]

独SAPの責任者に聞く「S/4 HANA」の意義とユーザー企業への期待

2016年2月12日(金)田口 潤(IT Leaders編集部)

独SAPは、従来のERP(Enterprise Resource Planning)ソフトウェアの「SAP ERP」と、インメモリーDBMS「HANA」上で動作する「SAP S/4 HANA」をどう位置づけているのか。他のシステムやサービスとの連携、あるいはAI(Artificial Intelligence:人工知能)の取り込みについてはどうか。独SAPでS/4 HANAを担当するスヴェン デネケン上級副社長に聞いた(聞き手は田口潤=IT Leaders編集部)。

S/4 HANAを担当する独SAPのスヴェン デネケン上級副社長S/4 HANAを担当する独SAPのスヴェン デネケン上級副社長

−−最初にS/4 HANAの位置づけと概要を教えて欲しい。SAP ERPのバージョンアップと考えていいか?

 S/4 HANAは全く新しい製品であり、SAP ERPの後継ではない。簡素化、デジタル化を目指して開発したのがS/4 HANAであり、アーキテクチャーも新しいものだ。だからSAP ERPのサポートを2025年まで延長するし、顧客に何かを強いることもない。ユーザー企業自身の最適なタイミングで、そしてビジネスケースが適合した段階で移行してもらう。まず、この点を理解してほしい。

−−より具体的なSAP ERPとS/4 HANAの違いはどんなところにあるか。

 これまでのERPは取引のデータと、レポートや分析のデータは別々に扱っていた。いわゆるOLTP(Online Transaction Processing:オンライントランザクション処理)とOLAP(Online Analytical Processing:オンライン分析処理)の違いだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Special

-PR-

独SAPの責任者に聞く「S/4 HANA」の意義とユーザー企業への期待独SAPは、従来のERP(Enterprise Resource Planning)ソフトウェアの「SAP ERP」と、インメモリーDBMS「HANA」上で動作する「SAP S/4 HANA」をどう位置づけているのか。他のシステムやサービスとの連携、あるいはAI(Artificial Intelligence:人工知能)の取り込みについてはどうか。独SAPでS/4 HANAを担当するスヴェン デネケン上級副社長に聞いた(聞き手は田口潤=IT Leaders編集部)。

PAGE TOP