コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

医療機関間で患者情報を共有するサービスに拡張機能―NEC

2016年2月16日(火)IT Leaders編集部

NECは2016年2月15日、地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link(アイディーリンク)」の拡張サービスとして「ストレージサービス」と「リポジトリサービス」を2016年3月1日より順次提供開始すると発表した。また、ID-Linkについて一部価格を改定した。

 「ID-Link」は、地域の病院や診療所といった医療機関に分散されている患者の診療情報を統合、連携し、医療施設などの間で共有できるサービスだ。

 拡張サービスとして提供するのは、クリニックや調剤薬局などが公開する患者情報をID-Linkサービスセンター内に容易かつ安全に保管できる「ストレージサービス」と、患者情報をサマライズ(集約)して表示することで情報共有時の利便性を向上する「リポジトリサービス」。

 ストレージサービスは、ID-Linkサービスセンター内に公開情報を保管する環境を提供する。これにより、公開環境がないクリニックや調剤薬局、介護施設などでも、患者情報を公開し共有することが可能になる。

 リポジトリサービスは、「標準コードマッピング機能」「サマリービュー」「フェイスシート」の3機能を順次提供する。

 標準コードマッピング機能は、各施設が電子カルテシステムなどのマスターで登録している、処方、注射、検査結果、病名に対して独自に設定したコードと、業界標準のコードであるHOT9(医薬品)、JLAC10(臨床検査)、ICD10(病名)とのマッピング作業を行うための機能。候補項目が自動表示されるため、簡単にマッピングできる。

 サマリービューは、患者の処方履歴や検査結果を時系列やチャートで表示し、患者情報を素早く的確に把握するために利用する。例えば薬剤名称で絞込むことで、重複投与の防止を図れる。また、標準コードの活用により複数施設に分散した情報のサマライズも可能となるため、地域で共有する情報量が増大した場合でも、患者情報の円滑な共有を実現する。

 提供予定のフェイスシートは、患者の基本情報(既往歴、アレルギー情報など)や日常生活に関する情報(ADL:Activities of Daily Living)などを集約して患者単位で一覧表示できる。地域包括ケアの推進に加え、救急医療や災害時の医療提供にも活用できる。

 今回、自施設内の公開用環境「ID-Linkアプライアンス」について、300床未満、300床以上で異なっていた価格を統一し、いずれも980万円(税別、以下同様)に値下げした。ID-Linkのその他の価格については、従来から変更はない。

 ストレージサービスでは、5GBまでは追加費用は発生しない。5GBを超える場合は、5GBの追加ごとに月額2980円が必要になる。リポジトリサービスでは、追加費用は発生しない。

関連記事

医療機関間で患者情報を共有するサービスに拡張機能―NECNECは2016年2月15日、地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link(アイディーリンク)」の拡張サービスとして「ストレージサービス」と「リポジトリサービス」を2016年3月1日より順次提供開始すると発表した。また、ID-Linkについて一部価格を改定した。

PAGE TOP