[新製品・サービス]

ニフティ、IoT関連サービスで米MODEと提携

2016年2月19日(金)IT Leaders編集部

ニフティは2016年2月18日、米国シリコンバレーに拠点を置くスタートアップ企業のMODEと提携した。同社が提供するIoT(Internet of Things:モノのインターネット)デバイス向けバックエンドサービス「MODE」を、「ニフティIoTデザインセンター」のサービスとして提供する。

 「MODE」は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)デバイスを使ったシステム構築と運用の手間を軽減するクラウド基盤だ。デバイス管理、ユーザー認証、デバイス所有管理など、IoTシステムに求められる機能を備え、クラウドベースの業務ロジックや、モバイルアプリを統合した堅牢なシステムを短期間で開発可能にする。

 ハードウェアやプログラム言語を問わない柔軟なアーキテクチャー、ビルトインのユーザー管理、アクセス制御機能、高機能なWebベースの管理UIを備えている。デバイスやクラウド、モバイルアプリケーションの間で高いセキュリティを確保できるほか、外部ツールとも容易に連携できる。

 「ニフティIoTデザインセンター」は、デバイスにインターネットやクラウドを組み合わせてIoTサービスを開発、提供したいと考える企業を、ネットワーク技術とシステム開発の知識を持つ専属エンジニアが支援するサービス。アプリケーション開発、センサーやゲートウェイデバイス、インテグレーションなど、各分野に特化したパートナー企業とともに、IoTに取り組む企業を支援する。

 MODEの利用料金は、接続デバイスが20台までの場合は無料で、それ以上の場合は利用量に応じての課金になる。
 

関連記事

Special

-PR-

ニフティ、IoT関連サービスで米MODEと提携ニフティは2016年2月18日、米国シリコンバレーに拠点を置くスタートアップ企業のMODEと提携した。同社が提供するIoT(Internet of Things:モノのインターネット)デバイス向けバックエンドサービス「MODE」を、「ニフティIoTデザインセンター」のサービスとして提供する。

PAGE TOP