[新製品・サービス]

Watsonのエコシステムプログラムに参加―トランスコスモス

2016年2月22日(月)IT Leaders編集部

コンタクトセンター事業などを手がけるトランスコスモスは2016年2月19日、ソフトバンクが日本IBMと提携して共同展開する、コグニティブ(認知)コンピューティングシステム「IBM Watson」のエコシステムプログラムに参加する契約を締結したと発表した。

 トランスコスモスは、コンタクトセンターでのオペレーション品質の高度化、プラットフォーム基盤の整備に取り組んでおり、推進するテクノロジーの一環として、「IBM Watsonエコシステムプログラム」に参加した。

 IBM Watsonエコシステムプログラムは、ソフトバンクが日本IBMと共同で、日本市場の各業界でWatsonを活用したサービスを普及、浸透させるために推進するパートナープログラムとなっている。

 Watsonは、大規模に学習し、目的を持って推論して、人と自然に関われるコグニティブ(認知)システムだ。企業のビジネスプロセスの効率化や自動化、顧客とのコミュニケーションの高度化・革新を可能にするテクノロジーとして活用できる。

 トランスコスモスは今後、管理者、コミュニケーターへの支援ツールやWatsonによる自動応答など、新たなコンタクトセンターソリューションの創出に向けて取り組んでいくとしている。

 

関連キーワード

AI

関連記事

Watsonのエコシステムプログラムに参加―トランスコスモスコンタクトセンター事業などを手がけるトランスコスモスは2016年2月19日、ソフトバンクが日本IBMと提携して共同展開する、コグニティブ(認知)コンピューティングシステム「IBM Watson」のエコシステムプログラムに参加する契約を締結したと発表した。

PAGE TOP