[新製品・サービス]

PwC、クラウド名刺管理と高機能スマートロボットを組み合わせコミュニケーション改革を支援

2016年2月24日(水)IT Leaders編集部

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は2016年2月23日、クラウド名刺管理と高機能スマートロボットを組み合わせた、企業内コミュニケーション改革を支援するサービスを開発すると発表した。SansanおよびDMM.comと協業して新サービスを展開する。

 発表したサービスでは、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」と、高機能AIを搭載したスマートロボットを機能連携させる。スマートロボットがユーザーインターフェースとなり音声会話やメールなどで情報の受け渡しをするほか、職場のコミュニケーションを活性化させる役割も担う。

 顔認識機能により、担当顧客に関連する情報や訪問時に役立つナレッジなど、利用者に合わせた情報をロボット側から発信することも可能だ。利用者とロボットの接触回数が増加すればデータの蓄積が進み、Sansanの顧客データベース管理と情報共有機能を効果的に活用できる。

 PwCは、スマートロボットを活用した次世代情報基盤の構築に関し、企画検討から導入、運用まで包括的に支援するコンサルティングを提供する。スマートロボットは、DMM.comのロボティクス部門「DMM.make ROBOTS」が取り扱う高機能AIスマートロボットを、オフィス環境に合わせカスタマイズして提供する。

 DMM.make ROBOTSが取り扱うロボットのラインアップは、コミュニケーションロボット「Palmi」「BOCCO」「Robi(組立代行バージョン)」、エンタメ/ホビーロボット「プリメイドAI」「PLEN.D」の5種類。

 同サービスの基盤には、マイクロソフトのパブリッククラウド基盤「Microsoft Azure」、統合型CRMアプリケーションサービス「Microsoft Dynamics CRM Online」、統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」を利用し、情報の利活用や業務効率化の促進を支援する。

 2016年3月1日から予約の受付を開始し、トライアル実施などの要望にも随時対応する。なおPwCは、法人、企業市場分野のほか、新規ロボット開発、ロボットベンダー育成でもDMM.comと提携する。

 

関連キーワード

AI / ロボット

関連記事

PwC、クラウド名刺管理と高機能スマートロボットを組み合わせコミュニケーション改革を支援プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は2016年2月23日、クラウド名刺管理と高機能スマートロボットを組み合わせた、企業内コミュニケーション改革を支援するサービスを開発すると発表した。SansanおよびDMM.comと協業して新サービスを展開する。

PAGE TOP