[ワンデータ・トランザクションが実現するSCMの未来]

IoT時代にワンデータ・トランザクションが生み出す新たなビジネスモデル【第5回】

2016年2月29日(月)桐原 慎也(シグマクシス デジタルフォースグループ ディレクター)

これまで、「ワンデータ・トランザクション」というコンセプトがSCM(Supply Chain Management)をどう変えるかについて、需給計画、生産、物流といった業務の切り口から考察してきた。今後はさらに、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)により、リアルな世界から取得した多種多様なデータの活用が可能になる。ワンデータ・トランザクション型のSCMは、IoT社会を支える基盤へと進化する。今回はIoTの切り口から、ビジネスモデルがどう変化するかを考察する。

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)への期待・関心が高まっている。センシング技術の発達や、クラウド環境の整備が背景にある。IoTは様々な要素技術の集合体であり、実際にビジネスにインパクトを与えられるだけの仕組みにするためには、いくつかの考慮点がある。その詳細は別に譲るとして、モノづくりの領域においては既に、IoTのためのプラットフォームサービスの提供に向けて、自らの事業範囲をストレッチさせているプレーヤーが出現しつつある。

データから付加価値を生む“プラットフォーマー”目指す

特に、モノを提供していた製造業が、モノを取り巻くバリューネットワーク全体のデータを統合し、そこから高付加価値なサービスを提供する“プラットフォーマー”に進化しようという動きが顕著だ。その立ち位置は、部品メーカー、主機メーカー、ソフトウェアメーカーとさまざまだが、どの企業もIoTが進化した世界を見据えて動いている。

 欧米の先進プレーヤーの代表は米GEと独シーメンスだ。GEは自社製品であるエンジンやタービンで蓄積した知見を活用し、「Predix」というプラットフォームサービスを様々な業種に展開しつつある。CEOのジェフリー・イメルト氏は2011年に「GEはソフトウェア/アナリティクス企業になる必要がある」と宣言。Predixのコアとなるソフトウェアの開発・サポート会社への出資や、「Industrial Internet Consortium」という業界団体の立ち上げなど、同プラットフォームのエコシステム確立に余念がない。

 一方のシーメンスは、PLM(Product Lifecycle Management)、CAD(Computer Aided Design)/CAE(Computer Aided Engineering)といった製造業向けソフトウェア事業も展開している強みを活かし、組み立て、ロジスティクス、マテリアルフローなどの各種データをデジタル化し、シミュレーションを通じて現場でのトライ&エラーを減少するソリューションを展開している。現場で働くエンジニアにモーションキャプチャーを装着し、人の行動データも取り込むなど、バリューネットワーク全体をコントロールするためのソリュ―ションを志向している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】これからは「共創プラットフォームモデル」の時代
  • 1
  • 2
バックナンバー
ワンデータ・トランザクションが実現するSCMの未来一覧へ
関連記事

Special

-PR-

IoT時代にワンデータ・トランザクションが生み出す新たなビジネスモデル【第5回】これまで、「ワンデータ・トランザクション」というコンセプトがSCM(Supply Chain Management)をどう変えるかについて、需給計画、生産、物流といった業務の切り口から考察してきた。今後はさらに、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)により、リアルな世界から取得した多種多様なデータの活用が可能になる。ワンデータ・トランザクション型のSCMは、IoT社会を支える基盤へと進化する。今回はIoTの切り口から、ビジネスモデルがどう変化するかを考察する。

PAGE TOP