[新製品・サービス]

監視カメラの映像をAIで分析―三菱電機とNTT Com

2016年3月4日(金)IT Leaders編集部

三菱電機とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2016年3月3日、監視カメラシステムに、AI(Artificial Intelligence:人工知能)による人間の動作検知などの映像解析技術やクラウドネットワークなどのサービスを組み合わせた、新たなサービスを提供すると発表した。

 新サービスは、防犯用途だけでなく、マーケティングやインフラ・設備機器の遠隔保守、見守り・介護の支援など様々なサービスの提供を目指す。そのために、両社の製品・サービス・技術・ノウハウを組み合わせ、監視カメラシステムとAIによる映像解析を連携して提供する。

 三菱電機は、道路・河川・ダム・港湾などの様々な公共施設に監視カメラや映像解析システムを提供してきた。近年は、コンビニやスーパーなどの小売店舗や、金融店舗・ビルなどの幅広い分野に製品を提供している。

 NTT Comは、企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」で幅広いAPI(Application Programming Interface)への対応や、VPN接続による安全なアクセス、クラウドリソース管理のためのポータル機能を提供している。映像解析では、人間の「動作」を理解する新しい人工知能「時系列Deep Learning」を開発し、映像データから、「きょろきょろしている」「しゃがんでいる」「ものを置いている」などの動作を高精度に検知可能にした。これらの技術を活用し、様々な用途に応じた映像データの解析を可能にする「映像解析プラットフォーム(仮称)」の提供を検討しているという。

 両社は、それぞれの強みを組み合わせて、監視カメラを利用した新しいビジネスの創出を図るとしている。2016年度上期から小売店舗や金融店舗などでの実証実験を開始し、映像解析の実用性の確認やネットワークを含めたシステムの最適化を検討して、サービスの提供を目指す。

関連記事

Special

-PR-

監視カメラの映像をAIで分析―三菱電機とNTT Com三菱電機とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2016年3月3日、監視カメラシステムに、AI(Artificial Intelligence:人工知能)による人間の動作検知などの映像解析技術やクラウドネットワークなどのサービスを組み合わせた、新たなサービスを提供すると発表した。

PAGE TOP