[新製品・サービス]

フィールド業務支援をクラウドで―ISIDが提供開始

2016年3月7日(月)IT Leaders編集部

電通国際情報サービス(ISID)は2016年3月4日、製造業を対象に、米サービスマックスのフィールド業務支援クラウドサービス「ServiceMax」の提供を開始した。同社はサービスマックスと販売代理店契約を締結し、共同マーケティング活動を展開する。

 「ServiceMax」は、クラウド基盤「Salesforce」上で稼働する、フィールドサービス業務支援のためのアプリケーション。顧客やサービス契約状況、設置機器の管理から作業指示や部品管理、スケジュール管理や履歴データの分析など、サービスエンジニアによる保守・メンテナンス業務を支援する。

 iOS、Android、Windows対応のモバイル向けネイティブアプリケーションを用意しており、スマートフォンやタブレットと連携させて、作業報告や見積、顧客検収をデジタル化することも可能となっている。

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)連携にも対応している。同じくISIDが提供する米PTCのIoT基盤「ThingWorx」などと連携させ、予知保全の施策やPLM(Product Lifecycle Management)改革に利用できる。サービスマックスは2016年1月に、PTCとのソリューション連携を発表している。

 ISIDは、サービスマックスとThingWorxの連携により、IoTと顧客サービスの橋渡しを行う一気通貫の機能を提供する。

 

関連記事

Special

-PR-

フィールド業務支援をクラウドで―ISIDが提供開始電通国際情報サービス(ISID)は2016年3月4日、製造業を対象に、米サービスマックスのフィールド業務支援クラウドサービス「ServiceMax」の提供を開始した。同社はサービスマックスと販売代理店契約を締結し、共同マーケティング活動を展開する。

PAGE TOP