[新製品・サービス]

NEC、三菱電機とレーザー加工機のリモートサービスの提供で連携

2016年3月8日(火)IT Leaders編集部

NECは2016年3月7日、各種データの収集、加工、蓄積などを行うIoT(Internet of Things:モノのインターネット)基盤や、ソフトウェアVPNサービスを三菱電機に提供し、三菱電機が、レーザー加工機の稼働状況のリアルタイムでの確認や遠隔診断を可能にするリモートサービス「iQ Care Remote4U」の提供を2016年4月に開始すると発表した。

 「iQ Care Remote4U」は、三菱電機が提供するレーザー加工機の状態や加工実績、電力、ガス消費量などの情報を、NECのIoT(Internet of Things:モノのインターネット)基盤に送信・蓄積し、見える化したもの。利用者はPCやスマートフォンなどからリアルタイムでレーザー加工機の障害やその予兆、加工予測時間などを確認できるようになる。

 三菱電機の保守員がサービスセンターや外出先から、ユーザーのレーザー加工機に接続し、状態診断や予防保全情報を提供することもできる。そのために、安全性の高い通信を可能にするNECのソフトウェアVPNサービスを活用する。必要に応じてソフトウェアのバージョンアップや加工条件の変更なども遠隔から実施でき、迅速な対処が可能になる。

 両社は、2011年に三菱電機のFA統合製品「e-F@ctory」のAllianceパートナーにNECが加入するなど、従来からFA分野で連携しているが、今回IoT活用でも連携することにした。2016年度中に、放電加工機のリモートサービスも提供を開始する予定だという。

関連記事

NEC、三菱電機とレーザー加工機のリモートサービスの提供で連携NECは2016年3月7日、各種データの収集、加工、蓄積などを行うIoT(Internet of Things:モノのインターネット)基盤や、ソフトウェアVPNサービスを三菱電機に提供し、三菱電機が、レーザー加工機の稼働状況のリアルタイムでの確認や遠隔診断を可能にするリモートサービス「iQ Care Remote4U」の提供を2016年4月に開始すると発表した。

PAGE TOP