[新製品・サービス]

Pepper+Azureで次世代店舗サービス―ソフトバンクロボティクスとMicrosoft

2016年3月9日(水)IT Leaders編集部

ソフトバンクロボティクスと米Microsoftは2016年3月8日、クラウドロボティクス分野での提携を発表した。ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」とMicrosoftのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を連携させた、次世代店頭サービスを提案する。

 両社は今回の提携で、まずは小売店舗向けの連携ソリューションを提案する。Pepperだけでなく、Microsoftの大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」やタブレット「Surface」を端末として活用するほか、セルフBIツールの「Power BI」や、機械学習機能の「Machine Learning」も駆使して、店舗で新たな顧客体験を提供する次世代店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を構築する。

 接客要員として店舗に配置されたPepperの画像認識、音声認識からの情報や、店頭での顧客行動情報、POS売上などのデータを取得、これにスマートフォンやEコマースなどのオンラインデータとMicrosoft Azure上で統合したうえで、Azure IoT Suiteで解析する。

 解析情報をもとに顧客のニーズをリアルタイムで把握し、そのニーズに沿ったレコメント製品を店頭に設置されたSurface HubやSurfaceで表示するほか、Pepperに提案させることも可能となる。

 Pepperは、店舗での接客を重ねることで、Azure IoT SuiteのMachine Learningを通して接客技術の向上を図っていくことができる。外国人の顧客に対しては、翻訳機能「Microsoft Tranlator」を使った各国語対応も行えるようにする。

関連キーワード

ロボット

関連記事

Pepper+Azureで次世代店舗サービス―ソフトバンクロボティクスとMicrosoftソフトバンクロボティクスと米Microsoftは2016年3月8日、クラウドロボティクス分野での提携を発表した。ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」とMicrosoftのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を連携させた、次世代店頭サービスを提案する。

PAGE TOP