CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[ザ・プロジェクト]

コード統一だけで終わらない
超巨大企業が推進するIT戦略

──「攻めのIT経営銘柄(2015)」戦略指揮官に聞く

2016年3月24日(木)佃 均(IT産業アナリスト)

 日立製作所が日本を代表するグローバル企業なのは言わずもがな。同社は足掛け10年でグローバルIT標準を確立してきた。執行役副社長兼CIO・岩田眞二郎氏が「一見すると地味だが、実態は本格的な攻めに備えたIT戦略」と話す実態に迫る。

 「社内ではCIOとかCTrO(Chief Transformation Officer)、外部に向かっては“スマトラ”と言っているんですが…」。執行役副社長兼CIO兼CTrOの岩田眞二郎氏は席に着くなり、こう切り出した。スマトラとは2012年度にスタートした「Smart Transformation Project」のこと。「世界に勝てるコスト構造への変革」を旗印とした取り組みで、それと連動したIT施策として一般には、日立グループ全体のコード体系統一が知られている。CTrOとしてスマトラを主導する傍ら、CIOとしてIT戦略を統括する岩田氏。スマトラ(=コスト構造改革)の実行にはITが不可欠との思いで一連の施策を主導してきた。

 同社IT統括本部が作成した「日立グループITパフォーマンスレポート」によると、現在登録されている企業コードは61万件、日立グループの「情報見える化対象」は10セグメント×5地域×5万顧客。整理・体系化してこの数字なので、その前はどこから手を付けていけばいいか、凡人なら呆然と立ちすくむほかなかったに違いない。レポートの冒頭には、「日立の変革をITでリードし、社会イノベーションの実現に貢献する」というIT部門のビジョンのもと、7つの行動指針が掲げられている。具体的には以下だ。

  1. Think Globally(グローバル視点で観て、触れて、考えよう)
  2. Create the Next(未来を描き、いままでにないものを生み出そう)
  3. Simplify & Optimize(ユーザー視点を大切に全体最適を実現しよう)
  4. Beyond Borders(多くの人と対話し、多様な視点をもとう)
  5. Act Speedily(スピード感を持って行動しよう)
  6. Win Trust(信頼を勝ち取ろう)
  7. Be One Team(チームで一つになろう)

 それを実現するために統一した管理コードは、グループ共通の人財、企業、勘定科目、購買品類、事業部門や子会社単位の商品・製品、部品と多岐にわたる。「でもそれだけじゃないんですよ」と岩田氏は言葉に力を込めた。

出発点はグローバルなガバナンス

日立製作所 執行役副社長 兼 CIOを務める岩田眞二郎氏

  「背景にあったのは、コーポレート・ガバナンスに対するグローバルな要求だった」と言う。エンロン社(2001年12月)、ワールドコム社(2002年7月)と相次いだ粉飾決算を契機にSOX法が制定され、多くのグローバル企業に対応が迫られていた。「さて、と見回したとき、工場は工場、子会社は子会社で独自のITシステムを運用している。取引コードも違えば社員コードも違う。オール日立として部材の一括調達もできない。これはまずい、と」。工場をプロフィットセンターとするのは、創業以来、一貫してモノ作りを最も重視してきた社風の産物でもある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】まずITシステム部門を変えた
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

コード統一だけで終わらない超巨大企業が推進するIT戦略 日立製作所が日本を代表するグローバル企業なのは言わずもがな。同社は足掛け10年でグローバルIT標準を確立してきた。執行役副社長兼CIO・岩田眞二郎氏が「一見すると地味だが、実態は本格的な攻めに備えたIT戦略」と話す実態に迫る。

PAGE TOP