[技術解説]

OpenStackの最新版「Liberty」の姿、エンタープライズ用途の機能強化が進む

2016年3月16日(水)広野 洋介(CTC クラウドイノベーションセンター 主任) 古川 雅弘(CTC クラウドイノベーションセンター) 後藤 僚哉(CTC クラウドイノベーションセンター)

OpenStackの12番目のメジャーリリースとなる「Liberty」が2015年10月にリリースされました。これまでOpenStackは、研究機関やパブリックサービス事業者を中心に使われてきたクラウドソフトウェアでした。Libertyの機能強化の背景には、流通・金融・製造といったエンタープライズ領域での使用実績が高まってきていることがあります。

 「OpenStack」はIaaS(Infrastructure as a Service)を実現するためのOSS(Open Source Software)です。Apache License 2.0により公開されています。

 最初のプロジェクトは、2010年に、NASA(National Aeronautics and Space Administration:アメリカ航空宇宙局)が開発した「Nova」と、クラウド/ホスティングサービス事業者の米Rackspaceが開発した「Swift」をオープンソース化したものです。前者は大量のコンピューティングリソースを管理するための、後者はストレージを効率よく管理するためのソフトウェアです。

 OpenStackは、Linuxディストリビューションの1つである「Canonical Ubuntu」同様、期間をベースにしたアップデート方式を採用し、半年に1度、新しいメジャーバージョンがリリースされます。最近では、イメージ管理やネットワーク管理などの機能が追加され続けています。そして、12番目のメジャーリリースとなる最新の「Liberty」が、2015年10月にリリースされました(表1)。

表1:OpenStackのメジャーリリースの歴史表1:OpenStackのメジャーリリースの歴史
拡大画像表示

最新バージョンにおける機能拡張のポイント

 最新版のLibertyでは幾つかの機能拡張がなされました。OpenStackは複数のサービスが疎結合しながらシステムを形成しています。以下では、機能面にフォーカスして、主だった特徴を紹介しましょう(参考資料)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】スケーラビリティをよりシンプルに
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

OpenStackの最新版「Liberty」の姿、エンタープライズ用途の機能強化が進むOpenStackの12番目のメジャーリリースとなる「Liberty」が2015年10月にリリースされました。これまでOpenStackは、研究機関やパブリックサービス事業者を中心に使われてきたクラウドソフトウェアでした。Libertyの機能強化の背景には、流通・金融・製造といったエンタープライズ領域での使用実績が高まってきていることがあります。

PAGE TOP