[新製品・サービス]

スマホ向けの声紋認証サービスを開発へ―大日本印刷とニュアンス

2016年3月16日(水)IT Leaders編集部

大日本印刷(DNP)は2016年3月15日、ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパンとの提携を発表した。両社は共同で、スマートフォンの音声入力機能を利用して簡便かつ安全に本人認証が行える声紋認証サービスを開発する。2016年12月のサービス開始を予定している。

 両社が開発するのは、1人ひとりの声の特徴を抽出してパターン化した声紋を認証用データとして利用する生体認証サービスだ。音声データを用いて声の特徴を分析し本人確認ができるニュアンスの声紋認証技術と、DNPの情報セキュリティのノウハウを組み合わせたものとなっている。

 スマートフォンアプリのログインや取引などで本人認証を行う際に、スマートフォンのマイクに向かって発声すると、その声紋とあらかじめ登録された声紋を認証サーバーが照合し、会員本人かどうかを判定する。利用者は、パスワードの保管や入力の負荷を軽減できる。

 話す言葉を決めなくても認証は可能なため、録音対策として毎回変わる言葉を読み上げれば、漏えいのリスクを軽減できる。特定の言葉の場合にのみ認証するオプション機能も用意した。

 DNPは、インターネット会員サービスを提供する金融機関や保険会社を中心に同サービスを提供し、2017年から2019年度の3年間で3億円の売上を目標にする。

 

関連キーワード

生体認証

関連記事

スマホ向けの声紋認証サービスを開発へ―大日本印刷とニュアンス大日本印刷(DNP)は2016年3月15日、ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパンとの提携を発表した。両社は共同で、スマートフォンの音声入力機能を利用して簡便かつ安全に本人認証が行える声紋認証サービスを開発する。2016年12月のサービス開始を予定している。

PAGE TOP