[新製品・サービス]

「Box」を企業向けVPNで利用可能に―NTT Com

2016年3月16日(水)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と米Boxは2016年3月15日、オンラインストレージ「Box」をNTT Comの企業向けVPN(Virtual Private Network)上で利用できるサービス「Box over VPN」を共同で開発したことを発表した。

 「Box over VPN」は、「Box」を閉域網で利用できるサービス。NTT Comの企業向けVPN(Virtual Private Network)サービス「Arcstar Universal One」上に構築されており、セキュリティポリシーによってクラウドサービスの利用を禁じているユーザー企業でも、インターネットを介さずにBoxのストレージを利用できるようになる。

 やり取りされるデータはインターネット環境とは完全に切り離されたネットワークを通るため、インターネット上での情報の盗聴や漏えいのリスクを低減し、高いセキュリティレベルを担保できる。NTT ComがBox over VPNのネットワークを常時監視する。Boxのサービスも含む、24時間365日の一元保守受付窓口も提供する。

 VPN上で様々なクラウドサービスへの接続、利用が可能なNTT Comの「Arcstar Universal One Multi-Cloud Connect」を利用して、Salesforceなどの他社が提供するSaaSや、ユーザーのオンプレミスシステム、NTT Comのクラウドサービスなどを、安全な閉域網内で連携させられる。

 例えば、基幹系システムやIoT(Internet of Things:モノのインターネット)、ビッグデータ処理のためのシステムなど、大量のデータを扱うシステムでも、ファイルストレージ容量が無制限のBoxとVPN上で連携させることで、データ容量に関わるコストを気にせずにシステム設計や運用が可能になる。

 Box over VPNのプランには、バージョン履歴管理が50世代、社外ユーザーライセンスはID数分の課金、他SaaS連携ソリューションは1連携までの「Business」と、履歴管理が100世代、ユーザーライセンス無制限、連携ソリューション無制限で、セキュリティ設定がカスタマイズ可能な「Enterprise」がある。

 価格は、Businessが1ID当たり3400円(税別)で、Enterpriseが要問合せ。Arcstar Universal Oneの利用料金が別途必要になる。

 

関連記事

「Box」を企業向けVPNで利用可能に―NTT ComNTTコミュニケーションズ(NTT Com)と米Boxは2016年3月15日、オンラインストレージ「Box」をNTT Comの企業向けVPN(Virtual Private Network)上で利用できるサービス「Box over VPN」を共同で開発したことを発表した。

PAGE TOP