[イベントレポート]

デジタルイノベーションの将来性で日本はアジア最下位!? マイクロサービスによる再生を米CAが強調

2016年3月17日(木)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

来たるべきデジタル時代に生き残るための対応力で、日本はアジアの主要10カ中で最下位−−。こんな調査結果を先頃、シンガポールの調査会社TRPCが公表した。だが、同調査を支援した米CA Technologiesは、レガシーなシステムが多い日本にも必ず対抗策を打てるという。インターネットや携帯電話のネットワークでは世界最先端とも評される日本がなぜ最下位なのか、どんな対策が打てるのかなど、調査結果に基づいて、これからの重要テクノロジーなどが議論されたCAのAPJ(アジア・パシフィック&ジャパン)地域のメディア&アナリストサミット2016から報告する。

 調査会社TRPCが公表したのは、『アジア・パシフィック&ジャパン(APJ)地域のApplication Economy Index 2016』。スマートフォンに代表される消費者が持つデバイスに対しアプリケーションによって各種サービスを提供することで、顧客接点を強固にしビジネスを成長させる「アプリケーションエコノミー」あるいはデジタルイノベーションへの対応力について、APJ地域の主要10カ国を対象に調査した。アプリケーションエコノミーへの対応の必要性を訴える米CA Technologiesが調査を支援している。

 調査結果は大きく、現状の評価と将来性とに分かれている。現状評価については、インターネットやスマートフォン、カード決済などインフラの整備状況のほか、政府の技術活用度や知財保護の程度、事業設立に要する時間など10項目を集計している。その結果では日本は4位(図1)。トップはシンガポールで、オーストラリア、韓国が続く。5位の香港までが、「ディスラプター(創造的破壊者)」に位置付けられている。

図1:デジタルイノベーションへの対応力で日本は現状4位(出所:『アジア・パシフィック&ジャパン(APJ)地域のApplication Economy Index 2016』、TRPC/米CA Technologies)図1:デジタルイノベーションへの対応力で日本は現状4位(出所:『アジア・パシフィック&ジャパン(APJ)地域のApplication Economy Index 2016』、TRPC/米CA Technologies)
拡大画像表示

 10項目において日本の評価は概ね2位か3位。インターネット普及率では1位だ。しかし、事業設立に要する時間は6位、スマートフォンの普及率では8位にまで下がる。インターネット環境は素晴らしいが、ビジネスの俊敏性(アジリティ)に欠け、アプリケーションエコノミーの核となるアプリケーションソフトの動作環境としてのスマートフォンは普及していないという評価である。

 同調査を指揮したTRPCのLim May-Ann(林美安)マネージングディレクターは、「日本ではまだまだ“ガラケー”の利用率が高く、差異化要因であるアプリケーションの利用範囲が限られる。政府による技術活用においても、シンガポールや韓国などが国家戦略に位置付けているのに対し、日本の施策は弱い。インターネットをどう活用していくかの政策が必要だ」と指摘する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】 レガシーがあるからこそ変われるチャンスがある
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
関連記事

デジタルイノベーションの将来性で日本はアジア最下位!? マイクロサービスによる再生を米CAが強調来たるべきデジタル時代に生き残るための対応力で、日本はアジアの主要10カ中で最下位−−。こんな調査結果を先頃、シンガポールの調査会社TRPCが公表した。だが、同調査を支援した米CA Technologiesは、レガシーなシステムが多い日本にも必ず対抗策を打てるという。インターネットや携帯電話のネットワークでは世界最先端とも評される日本がなぜ最下位なのか、どんな対策が打てるのかなど、調査結果に基づいて、これからの重要テクノロジーなどが議論されたCAのAPJ(アジア・パシフィック&ジャパン)地域のメディア&アナリストサミット2016から報告する。

PAGE TOP