[新製品・サービス]

SAP HANAクラウド基盤の活用コンサルを開始―クニエ

2016年3月17日(木)IT Leaders編集部

NTTデータグループのコンサルティング会社であるクニエとSAPジャパンは2016年3月16日、SAPのクラウド基盤「SAP HANA Cloud Platform」を利用したシステムの総合コンサルティングサービスを開始すると発表した。様々な分野への活用や、最短3カ月でのIoT(Internet of Things:モノのインターネット)システム実装などを支援する。

 発表したサービスは、クニエがインメモリー方式のPaaS(Platform as a Service)である「SAP HANA Cloud Platform」を利用したシステムのグランドデザインから構築・定着化支援まで含めた、総合コンサルティングを提供するもの。SAPは技術情報の提供、特定顧客に対する戦略的な協業、共同マーケティング活動を実施する。

 グランドデザインコンサルティングサービスは、クラウド戦略、既存システムとのインテグレーション、IoTサービスとマルチクラウド基盤を活用したIoTシステムの構築デザイン、ロードマップ策定などを支援する。

 ユーザーエクスペリエンス(UX)/ユーザーインターフェース(UI)改革サービスは、クニエの方法論とSAPが提供するモックアップツール「Splash/Build」を利用し、HTML5開発フレームワークのSAPUI5やSAP Fioriを利用したUX/UI設計を支援する。

 SAP製品へのアプリケーション拡張開発サービスは、SAP ERPや、SAP Business Suite powered by SAP HANA、SAP S/4HANA、SAP Ariba、SAP SuccessFactors、SAP Hybrisなどの拡張開発(Extension)の構築を支援する。

 モバイルアプリケーション構築支援サービスは、SAP HANA Cloud PlatformのMobile Serviceとモバイル向け商用データベースであるSAP SQL Anywhereを利用し、オンライン、オフラインで切れ目なく利用できるアプリケーションの構築を支援する。

 

関連記事

SAP HANAクラウド基盤の活用コンサルを開始―クニエNTTデータグループのコンサルティング会社であるクニエとSAPジャパンは2016年3月16日、SAPのクラウド基盤「SAP HANA Cloud Platform」を利用したシステムの総合コンサルティングサービスを開始すると発表した。様々な分野への活用や、最短3カ月でのIoT(Internet of Things:モノのインターネット)システム実装などを支援する。

PAGE TOP