[新製品・サービス]

電池不要のIoTセンサーをAWS IoTと連携―TIS

2016年3月18日(金)IT Leaders編集部

ITホールディングスグループのTISは2016年3月17日、電池、配線不要の無線通信規格「EnOcean」に対応したセンサーを、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のIoT(Internet of Things:モノのインターネット)のマネージド型クラウド基盤「AWS IoT」と組み合わせて提供すると発表した

 「EnOcean」は、光や温度、振動などの微弱なエネルギーを集めて電気エネルギーに変換する「エネルギーハーベスト(環境発電)技術」を使用した、電池不要の無線通信規格。スマートホームやビルオートメーション分野で、ビルや工場などの照明システムやセンサーネットワークに利用できる。同規格に対応したセンサーモジュールや開発キット、スイッチモジュールなどは、ロームが供給している。

 TISは、環境発電技術とクラウドサービスを組み合わせ、容易かつ低コストでのデータ蓄積を可能にする。そのために、EnOceanに対応したセンサーの販売代理契約をコアスタッフと締結したほか、数十億個のデバイスから収集される数兆件のデータを確実かつ安全に処理できる「AWS IoT」に同センサーを接続して、データの収集、蓄積が可能なことを検証した。

 例えば、工場の生産ラインの各所に設置した多数のセンサーデバイスから大量の機器関連データを収集、蓄積する生産ライン監視のIoTシステムなどに活用できる。電源確保や電池交換が不要で、無線での通信が可能な同センサーを利用することで、場所を問わずにデバイスを設置できる。IoTシステムのセンサー設置、運用コストを低減でき、システム導入も容易になる。

関連記事

電池不要のIoTセンサーをAWS IoTと連携―TISITホールディングスグループのTISは2016年3月17日、電池、配線不要の無線通信規格「EnOcean」に対応したセンサーを、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のIoT(Internet of Things:モノのインターネット)のマネージド型クラウド基盤「AWS IoT」と組み合わせて提供すると発表した

PAGE TOP