[市場動向]

知っておきたい”次世代インターネット構想”
原型となる欧州「FIWARE」の実像

2016年3月24日(木)田口 潤(IT Leaders編集部)

インターネット上にセキュアで使いやすいプラットフォームを構築。その上にIoT(モノのインターネット)に関わる様々な仕組みを実装したり、中堅・中小企業が商談の場にしたり、例えばマイナンバーに関わる市民サービスを提供したりする──こんな”次世代インターネット構想”が日本で進もうとしている。夢物語にも思えるが、そうとも言えない。欧州がすでに「FI(Future Internet)WARE」というプラットフォームをリリースしており、その日本版を作る試みだからだ。

 「IoTや住民サービスに必要なプラットフォームをどうするべきか。民間による自由競争は大事だが、セキュリティやプライバシーといった重要な問題を担保しないといけない。だからこそ国が責任を持って、非競争領域でプラットフォームを作っていく」(平井たくや衆議院議員=自民党IT戦略特命委員長)。

 インターネットが偉大な発明であることは論を要しないにせよ、一方で信頼性や安全性に大きな問題があることも確かだ。特にセキュリティの確保は結局のところ、いたちごっこにならざるを得ない。必然的に今後、進展が予想されるIoTやFintechの取り組み、あるいは市民向けのヘルスケアや自治体のサービスなどを、現在のインターネットに実装することを想定すると、不安がつきまとう。この問題を完全に解消できないまでも、緩和するにはどうすればいいか?

 冒頭の平井議員の発言は、これを払拭する取り組み─サービスプラットフォームの構築(図1)─に言及したものだ。インターネット上にセキュリティを確保したプラットフォームを構築し、その上に必要なサービスを実装できれば、例えばセキュリティ人材が足りない中堅・中小企業でもIoTに取り組みやすくなる。そんなことができるのか、と見る向きもあるかも知れないが、実はこれには実践例がある。EU(欧州共同体)が2011年から取り組んできた「FIWARE(Future Internet WARE)」である(https://www.fiware.org/)。

図1 FIWAREの構想
拡大画像表示

  FIWAREは、スマートシティ構築に向けたクラウドプラットフォームの一種。比喩的に言えば、民間企業が運営するAWSやAzure、Facebookのようなクラウドプラットフォームの”公共版”と捉えることができる。交通、エネルギー、医療などスマートシティに求められるサービスの実装はもちろん、例えば中堅・中小企業が自らデータをコントロール出来る形でIoTに取り組めるようにすることが目的だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

知っておきたい”次世代インターネット構想”原型となる欧州「FIWARE」の実像インターネット上にセキュアで使いやすいプラットフォームを構築。その上にIoT(モノのインターネット)に関わる様々な仕組みを実装したり、中堅・中小企業が商談の場にしたり、例えばマイナンバーに関わる市民サービスを提供したりする──こんな”次世代インターネット構想”が日本で進もうとしている。夢物語にも思えるが、そうとも言えない。欧州がすでに「FI(Future Internet)WARE」というプラットフォームをリリースしており、その日本版を作る試みだからだ。

PAGE TOP