[新製品・サービス]

米Tableau、BIツールの最新版で接続性やマップ機能を強化

2016年3月28日(月)IT Leaders編集部

米Tableau Software(Tableau)は2016年3月24日、視覚的データ解析ソフトの最新版「Tableau 9.3」のリリースを発表した。データ分析と情報共有の迅速化を可能にしたほか、Tableau Desktopの接続性を向上している。

 「Tableau 9.3」では、いつでも接続できるようにTableau Desktopの接続性を向上した。クラウド型のデータウェアハウスである「Snowflake Elastic Data Warehouse」への直接接続などの機能を追加、これによりTableau ユーザーは、簡単なことから複雑なことまで、新しい質問を思いつくと同時にデータを調べて分析できるようになった。

 マップ機能は、地名辞書のジオコーディングデータベースとTableauマップサービスに新しいデータを追加することでサポートする地域を拡大した。また、Excelとテキストベースのデータソースにおいて、値(行)で表と表をつなげ、表のデータを簡単に結合できるようにした、

 加えて、コンテンツ分析機能の追加と検索機能の向上により、Tableau ServerとTableau Onlineでコンテンツをより迅速に検索できるようにしたほか、バージョン管理機能によって、パブリッシュしたワークブックの以前のバージョンが復元可能になった。
 

関連記事

米Tableau、BIツールの最新版で接続性やマップ機能を強化米Tableau Software(Tableau)は2016年3月24日、視覚的データ解析ソフトの最新版「Tableau 9.3」のリリースを発表した。データ分析と情報共有の迅速化を可能にしたほか、Tableau Desktopの接続性を向上している。

PAGE TOP