[新製品・サービス]

社外からも安全にアクセスできる研修環境を導入可能に─日本ユニシスなど

2016年3月29日(火)IT Leaders編集部

日本ユニシスとシステム・テクノロジー・アイは2016年3月28日、日本ユニシスのUSBメモリー型認証キー「SASTIK」とシステム・テクノロジー・アイの学習管理システム「iStudy Enterprise Server」の共同販売を2016年4月1日から開始すると発表した。両サービスの組み合わせにより、自宅など社外からでも研修を実施可能な、安全な研修環境を構築できる。

 「SASTIK」は、SSL暗号化通信により、安全にクラウドコンピューティングを利用できるUSBメモリー型物理認証キーだ。専用のブラウザー経由でアクセスし、終了時にはPCにデータの痕跡を残さず、閲覧データの証跡も自動消去できる。

 「iStudy Enterprise Server」は、社員がeラーニング形式で研修を受講でき、受講履歴を管理可能な学習管理システム。コンプライアンス研修から営業の商品教育まで幅広い社員教育の実施に対応している。

 両サービスを組み合わせ、SASTIKからiStudy Enterprise Serverに接続して企業内研修が受講できる環境を一元的に提供することで、自社のノウハウや新サービスといった機密事項が含まれた研修でも、場所を問わず安全な環境で実施可能になる。
 

関連キーワード

eラーニング

関連記事

社外からも安全にアクセスできる研修環境を導入可能に─日本ユニシスなど日本ユニシスとシステム・テクノロジー・アイは2016年3月28日、日本ユニシスのUSBメモリー型認証キー「SASTIK」とシステム・テクノロジー・アイの学習管理システム「iStudy Enterprise Server」の共同販売を2016年4月1日から開始すると発表した。両サービスの組み合わせにより、自宅など社外からでも研修を実施可能な、安全な研修環境を構築できる。

PAGE TOP