CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[インタビュー]

数年後に多くの業務システムが混乱?! 米ガートナーが「ERP戦略の欠如」に警鐘

2016年3月31日(木)田口 潤(IT Leaders編集部)

米有力調査会社のガートナーが「2018年までの数年間に企業情報システムの多くが混乱を来す可能性がある」との見解を公表した。企業はERP(Enterprise Resource Planning)を中核に、調達や顧客管理、人材管理などのアプリケーションを構築してきた。だが、その一部または多くがクラウドサービスに置き換わる。そこに「バイモーダルIT=2つの流儀のIT」という考え方が加わる結果、相当規模の混乱は避けられないという。

 「2018年末までに、ポストモダンアプリケーションの統合戦略と実行能力がない企業は90%に上る。結果として統合環境は混乱の様相を呈し、複雑さが高まりコストも増える」−−。米有力調査会社のガートナーは2016年3月初めに行った発表で、こう指摘した。

 「ポストモダン」など分かりにくい言葉が含まれるが、簡単に言えば、企業ITの中核を成す業務システム、すなわちERP(Enterprise Resource Planning)が今後数年の間に大きな混乱を余儀なくされるという指摘だ。その要因は2つある。1つはERPがこれまでのメガスィート(大規模統合ERP)からポストモダンERPに移行すること。もう1つはバイモーダルIT、つまり2つの流儀のITが企業情報システムで主流になることだという。

 ここでバイモーダルITとは、「モード1のIT」と「モード2のIT」という2つ特性を備えるITがあるという考え方。前者は主に企業内の業務向けシステムで安全性や確実性を重視する。後者は、多少の問題があってもアジャイルなサービスインと迅速な改良を重視する外部向けのシステムだ。別の表現ではモード1のITは「SoR(Systems of Record)」、モード2のITは「SoE(Systems of Engagement)」と呼ばれる。

写真1:米ガートナーのERP専門アナリストであるナイジェル・レイナー(Nigel Rayner)氏

 ではポストモダンERPとは何か、バイモーダルITがなぜ、どのように混乱を招くのか。そして混乱を避けるためにはどうすればいいのか。3月中旬に来日したガートナーのERP専門アナリストであるナイジェル・レイナー(Nigel Rayner)氏に聞いた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】バイモーダルはシステムやアプリの分類ではない
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

数年後に多くの業務システムが混乱?! 米ガートナーが「ERP戦略の欠如」に警鐘米有力調査会社のガートナーが「2018年までの数年間に企業情報システムの多くが混乱を来す可能性がある」との見解を公表した。企業はERP(Enterprise Resource Planning)を中核に、調達や顧客管理、人材管理などのアプリケーションを構築してきた。だが、その一部または多くがクラウドサービスに置き換わる。そこに「バイモーダルIT=2つの流儀のIT」という考え方が加わる結果、相当規模の混乱は避けられないという。

PAGE TOP