CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[ベテランCIOが語る「私がやってきたこと、そこから学んだこと」]

積水化学入社、ITの醍醐味を手を動かして知る

【第1回】

2016年4月4日(月)寺嶋 一郎(元・積水化学工業情報システム部長)

IT活用の巧拙が経営に大きく影響することは言を俟たない。ITがあってはじめて実現できるビジネスも、これからはどんどん登場してくることだろう。そんな状況下、IT部門はどんな使命を担い、そこに関わる人々はどんな素養を備えるべきなのか。積水化学工業において、長年IT業務に携わり、後年はCIOを務めてきた筆者が、経験を振り返ると共に、身をもって学んだことをお伝えする。

 「デジタルビジネス時代」と言われ、IoT(モノのインターネット)やビッグデータ、AIという言葉が頻繁に聞かれる昨今、ITが経営や事業に関わる比重、占める比率は飛躍的に大きくなった。インターネットがそうであったように、こうした新たなITの潮流は社会をこれまで以上に大きく変え、企業活動においてもIT活用の巧拙が大きな影響を与えていくことは間違いない。

 筆者は積水化学工業(以降、積水化学)に入社し、ほぼ一貫してITの仕事に携わってきた。組み込み系からエンタープライズ(業務)系、あるいはIT部門の立場ではなく、情報子会社ではあるがITベンダー側の立場でも仕事をしてきた。筆者が入社した頃の30~40年前は「システムエンジニア」という職種がもてはやされ、最先端のコンピュータを扱うIT部門は他の部門に比べても花形だった。

 それが今は、「きつい」「帰れない」「給料が安い」の“3K”どころか“7K”(規則が厳しい、休暇が取れない、化粧が乗らない、結婚ができない)、はたまた“24K”(きりがない、休憩できない、子供ができない、心を病む、過労死…)とも揶揄され、人気がなくなっている。これはすごく残念なことだ。そんなイメージを払拭するべく、企業のIT部門には頑張っていただきたいと心から願っている。

 しかし願うだけでは、あまり意味がないと思っていたところに本連載の話を頂いた。筆者が経験から学んだこと、そこからお伝えできることを、10回程度の予定で皆様にお届けしたい。「コンピュータ教育の重要性」「システム子会社のあり方」「セキュリティ対策のあるべき姿」などである。第1回めは筆者が駆け出しの新米だった頃の話で、現在とは事情が違うことは承知の上で、基本や基礎の大切さ、チャレンジの重要性──IT部門に求められること──をお伝えしようと思う。悩み多きIT部門の方々に少しでも参考にしていただければ幸いである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】新入社員研修でSystem/3のプログラムを学ぶ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
ベテランCIOが語る「私がやってきたこと、そこから学んだこと」一覧へ
関連記事

積水化学入社、ITの醍醐味を手を動かして知るIT活用の巧拙が経営に大きく影響することは言を俟たない。ITがあってはじめて実現できるビジネスも、これからはどんどん登場してくることだろう。そんな状況下、IT部門はどんな使命を担い、そこに関わる人々はどんな素養を備えるべきなのか。積水化学工業において、長年IT業務に携わり、後年はCIOを務めてきた筆者が、経験を振り返ると共に、身をもって学んだことをお伝えする。

PAGE TOP