[新製品・サービス]

日立、ITとOTの融合でIoT基盤の開発を強化

2016年4月15日(金)IT Leaders編集部

日立は2016年4月14日、デジタルソリューション事業の拡大に向け、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)基盤の開発、構築を強化すると発表した。新たに米国に設置するサービス&プラットフォームビジネスユニット(プラットフォームBU)のグローバルヘッドクォーターを中心に、2016~2018年度の3年間累計で約1000億円を投資する。

 日立は、新たに米カリフォルニア州のサンタクララにプラットフォームBUのグローバルヘッドクォーターを設置する。北米、欧州、日本などの拠点で構成するグローバルチームのトップには執行役専務 サービス&プラットフォームBU CEOの小島啓二氏が就任する。

 プラットフォームBUが開発、構築を進めるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)基盤は、アナリティクス・AI・セキュリティなどのITと、鉄道運行管理・プラント制御などの社会インフラ事業で培ったOT(Operational Technology)の融合により生み出される、デジタル製品・サービスのコアとなるソフトウェア群。

 日立は、デジタルソリューション事業の強化に向け、サービスを提供する12のフロントBU、プラットフォームBU、コンポーネントでサービスを支えるインダストリアルプロダクツBUの3階層からなる、マーケットドリブン型の事業体制を始動しているという。

関連記事

日立、ITとOTの融合でIoT基盤の開発を強化日立は2016年4月14日、デジタルソリューション事業の拡大に向け、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)基盤の開発、構築を強化すると発表した。新たに米国に設置するサービス&プラットフォームビジネスユニット(プラットフォームBU)のグローバルヘッドクォーターを中心に、2016~2018年度の3年間累計で約1000億円を投資する。

PAGE TOP