プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

Deep Learning向けコンバージドシステムを提供へ─ネットワールド

2016年4月22日(金)IT Leaders編集部

ネットワールドは2016年4月21日、米NVIDIAのGPU関連製品を提供するGDEPソリューションズとの提携を発表した。同社はNVIDIAのGPUを使ったDeep Learning(深層学習)向けコンバージドシステム(開発コード:Networld Deep Learning One-stop Solution「Networld DLS」)の提供を、2016年夏を目処に開始する。

 Deep Learning向けコンバージドシステム「NetWorld DLS」は、米NVIDIAのGPUコンピューターにネットワークやストレージ、開発キットなどの各種ソフトウェアをパッケージ化したものだ。ネットワールドの仮想環境、インフラ構築分野での経験を活かし、Deep Learningに求められるハードウェア、ソフトウェアを検証、サイジング済みの状態で提供する。

 ユーザーは、サーバー、ストレージ、ネットワーク機器の選定は不要で、想定した性能のDeep Learning環境を短期間に導入できる。サポート窓口も一本化されているため、システム管理者の負担軽減も図れる。

 NetWorld DLSは、サーバー、ネットワークスイッチ、ストレージ、各種ソフトウェアで構成される。サーバーは、Tesla GPUを搭載したLenovoやIBM、NVIDIAなどの主要メーカー製品。ネットワークスイッチは、InfiniBandや100G/10GイーサネットをサポートするMellanoxなどの高性能スイッチ。ストレージは、オールフラッシュストレージやNetApp、EMC、Nimble Storageなどのハイブリッドストレージといった高スループット製品。ソフトウェアは、OS、ドライバー、CUDA(Compute Unified Device Architecture)開発環境、Deep Learningフレームワーク、Deep Learning SDK(Software Development Kit)、DIGITSTM GPUトレーニングシステムなど。今後、具体的なモデルや構成などを決定するという。

 Networld DLSの価格は、498万円(税別)程度を予定している。大学、研究所、ゲーム開発会社、一般企業の、POC(Proof Of Concept)目的での導入に対応するエントリーモデルなども用意する予定だ。

 今後、ネットワールドは、画像解析、音声解析、自然言語処理など、目的別のDeep Learning用APIを国内外から調達して同製品に搭載し、提供する各種コンバージドシステムの拡充を図るとしている。

関連記事

Deep Learning向けコンバージドシステムを提供へ─ネットワールドネットワールドは2016年4月21日、米NVIDIAのGPU関連製品を提供するGDEPソリューションズとの提携を発表した。同社はNVIDIAのGPUを使ったDeep Learning(深層学習)向けコンバージドシステム(開発コード:Networld Deep Learning One-stop Solution「Networld DLS」)の提供を、2016年夏を目処に開始する。

PAGE TOP