[新製品・サービス]

COBOL統合開発環境がLinux on Powerへ対応─マイクロフォーカス

2016年4月25日(月)IT Leaders編集部

マイクロフォーカスは2016年4月22日、COBOL統合開発環境製品の最新版「Micro Focus Visual COBOL 2.3J」で、サポート基盤にIBM Power Systems上のLinux(Linux on Power)を追加した「同update 1」を発表した。出荷は、2016年5月20日に開始する。

 COBOLソースをオープン基盤に展開できる「Micro Focus Visual COBOL」の最新版「2.3J update1」は、サポートプラトフォームとして従来のx86サーバーに加え、新たにLinux on Powerを追加した。COBOL開発管理を向上するための機能強化も行っている。

 具体的には、IBM Power Systems上のRed Hat Enterprise Linux 7とSUSE Linux Enterprise Server 12へ対応した。また、リトルエンディアンに対応しており、IA Linuxで稼働するCOBOLアプリケーションの移行が容易になる。

 Microsoft Visual StudioおよびEclipse IDEとの連携機能を強化し、Light Bulbを使って任意のコードをコピーファイルへ外出しする機能などを追加(Visual Studio 2015との連携)した。ナビゲーション機能の強化(Visual StudioおよびEclipseとの連携)も図っている。

 特定の条件に合致するコード箇所を抽出するクエリー機能も追加した。ユーザー定義の独自クエリーを取り込み、Visual COBOLで実行できるようになったほか、開発者の端末上でコーディング規約の徹底を図れるようにした。

 また、COBOL向け単体テストフレームワークを強化し、Github等で活用されるmarkdown形式のレポート出力機能などを搭載した(Tech Preview)。

関連記事

COBOL統合開発環境がLinux on Powerへ対応─マイクロフォーカスマイクロフォーカスは2016年4月22日、COBOL統合開発環境製品の最新版「Micro Focus Visual COBOL 2.3J」で、サポート基盤にIBM Power Systems上のLinux(Linux on Power)を追加した「同update 1」を発表した。出荷は、2016年5月20日に開始する。

PAGE TOP