[新製品・サービス]

富士重工業と日本IBM、自動車の高度運転支援システム分野で協業

2016年4月26日(火)IT Leaders編集部

富士重工業と日本IBMは2016年4月25日、自動車の高度運転支援システム分野での、実験映像データの解析システムの構築と、クラウドおよび人工知能技術に関する協業について合意したと発表した。

 富士重工業は日本IBMと協力して、ステレオカメラを用いた運転支援システム「アイサイト」などの先進安全システムの膨大な実験映像データを集約して統合的に管理するシステムを構築し、2016年4月から運用を開始している。

 アイサイトは、ステレオカメラのみで自動車、歩行者、二輪車の検知を可能にした運転支援システム。車両の前方衝突の回避または衝突被害の軽減を図るほか、全車速追従機能付きクルーズコントロールやレーンキープ機能など、様々な予防安全機能を備えている。

 両社が開発した管理システムは、開発者が必要とするシーンの実験映像データの検索や解析を容易にし、高度運転支援システムの開発効率の向上につなげることが見込まれている。

 今後は、IBMクラウドを基盤とした自動車業界向けのIoT(Internet of Things:モノのインターネット)サービスである「IBM Watson Internet of Things(IoT)for Automotive」を活用した新たなシステムの構築に向けた検討や、高度な運転支援の実現に向けて、クラウドおよび人工知能分野の最新技術の特性を把握し、技術適用の可能性の検証などを進めていく。

関連記事

富士重工業と日本IBM、自動車の高度運転支援システム分野で協業富士重工業と日本IBMは2016年4月25日、自動車の高度運転支援システム分野での、実験映像データの解析システムの構築と、クラウドおよび人工知能技術に関する協業について合意したと発表した。

PAGE TOP