[シリコンバレー最前線]

シリコンバレーはバブルから安定成長へ?! ベンチャー投資は全米の4割強を占めるも伸びは前年比7.5%増

2016年5月6日(金)山谷 正己

2015年、シリコンバレーおよびサンフランシスコ地区のスタートアップへのベンチャーキャピタル(VC:Venture Capital)投資は、前年比7.5%増の273億4800万ドル(約3兆円)だった。シリコンバレーでは、1990年代末に暴走的なインターネットバブルを経験している。この辺でブレーキがかかり少し慎重になったことがうかがえる。だが、イノベーションの発信源であることには変わりがない。

 シリコンバレーにおけるベンチャーキャピタル(VC:Venture Capital)投資は、2008年から2009年にはリーマンショックのあおりを受けたものの、2010年から順調に回復してきた(図1、PricewaterCoopersおよび米国ベンチャーキャピタル協会調べ)。2015年は前年比7.5%増の273億4800万ドル(約3兆円)で、全米におけるVC投資額588億1118万ドルの43.2%に当たる。しかし、2014年は前年比99%増だったことに比べると増分は少ないことになる。

図1:シリコンバレーにおけるVC投資額の推移図1:シリコンバレーにおけるVC投資額の推移
拡大画像表示

 投資先の内訳は、ソフトウェア分野が全体の52%を占める。以下、バイオ・医療が17.6%、ITサービスが5.8%、ソーシャルメディアが3.5%で続く。ITサービスもソーシャルメディアもソフトウェアで作り込むのだから、これらも含めれば、ソフトウェア関連分野への投資が合計16億7644万ドルになり、全体の60%を占める。バイオ・医療への投資が急増しているのも、近年のITの進化、特にビッグデータアナリティクスなどによって、遺伝子解析といった技術が飛躍的に進歩しているためである。

 VC投資の伸びは慎重な姿勢が見え始めたものの、住宅価格は高騰が続いている(図2)。リーマンショックによって全米で景気が低迷し、VCの投資動向も低迷、住宅価格も値下がりした。だが2011年8月に底をついてからは次第に回復が進み、ここ数年の人口増もあって住宅価格は高騰に転じている。216年4月時点の土地付き住宅の平均価格は97万5000ドルであり、前年同期比で12%も値上りした。米国全土の平均価格が22万ドルだから、シリコンバレーの住宅がいかに高価であるかが分かる。

図2:シリコンバレーの住宅価格の推移図2:シリコンバレーの住宅価格の推移
拡大画像表示

 シリコンバレーは、サンフランシスコ湾の南側にある周辺地区の総称だ(図3の白線で囲った地域)。かつては果樹園が散在する田園地帯だったが、近年はオフィスビルが増えつつある。その面積は4750平方キロメートルであり、東京都(多摩地区を含む)の約2倍である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】Appleの売上高は自動車メーカーをも凌ぐ
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

シリコンバレーはバブルから安定成長へ?! ベンチャー投資は全米の4割強を占めるも伸びは前年比7.5%増2015年、シリコンバレーおよびサンフランシスコ地区のスタートアップへのベンチャーキャピタル(VC:Venture Capital)投資は、前年比7.5%増の273億4800万ドル(約3兆円)だった。シリコンバレーでは、1990年代末に暴走的なインターネットバブルを経験している。この辺でブレーキがかかり少し慎重になったことがうかがえる。だが、イノベーションの発信源であることには変わりがない。

PAGE TOP