[新製品・サービス]

CTC、OSSの検索エンジンを活用したビッグデータ解析システムを提供

2016年5月6日(金)IT Leaders編集部

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2016年4月28日、OSS(Open Source Software)の全文検索エンジン「Elasticsearch」を活用したビッグデータ解析システムの提供を開始した。導入支援、コンサルティング、保守サポートを含めて提供する。

 「Elasticsearch」は、ドキュメント、マシンデータ、位置情報、動画など大量のデータに対して、リアルタイムでの検索と解析を可能にする、オランダのElasticsearchが提供するOSSだ。IT機器のログ分析によるサイバーセキュリティ対策、動画や画像の検索、Webサイトのアクセスログ解析など、様々な用途のビッグデータ解析基盤として利用できる。

 冗長構成を前提とした拡張可能なアーキテクチャーを備えており、データ容量の増加に応じてインフラ拡張を行えるうえ、OSSなので、大規模の導入でもコストを抑えてシステムを構築できる。

 ログ収集・転送ツール「Logstash」や軽量のデータシッパー「Beats」、データ可視化ツール「Kibana」などの独自のプラグインも提供し、直感的な操作が可能なダッシュボードを利用できる。これらは「Elasticスタック」としてすべてOSSで提供される。また、拡張プラグイン「x-pack」を使用することにより、セキュリティ、アラート、監視、グラフなどの機能も利用できるようになる。

 CTCは、自社の総合検証センター内にビッグデータ専門の検証環境を保有しているほか、分散コンピューティングを含めた拡張可能なシステム構築にも経験とノウハウがある。これを活かして、Elasticスタックによるシステム構築を導入から保守サポートまで一括して提供する。

 今後、CTCとElasticsearchは共同で低コストで高性能なビッグデータ解析システムの提案と提供を実施し、通信事業者やクラウド事業者、コンテンツ事業者などを対象に、3年間で50社への導入を目標にする。

関連記事

CTC、OSSの検索エンジンを活用したビッグデータ解析システムを提供伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2016年4月28日、OSS(Open Source Software)の全文検索エンジン「Elasticsearch」を活用したビッグデータ解析システムの提供を開始した。導入支援、コンサルティング、保守サポートを含めて提供する。

PAGE TOP