[新製品・サービス]

NTT Comが安全なIoT環境を一括導入できる製造業向けサービスを提供

2016年5月10日(火)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2016年5月9日、安全なIoT(Internet of Things:モノのインターネット)環境を一括で導入できる「IoT Platform」サービスの提供を開始すると発表した。第1弾として「IoT Platform Factory パッケージ」を2016年5月16日から提供する。

 「IoT Platform Factory パッケージ」は、IoTの導入に必要となるデータ収集・分析アプリケーション、安全なネットワーク、プライベートクラウド、産業機器やセンサー類に接続するデバイスをまとめて提供する製造業向けサービスとなっている。

 具体的には、産業機器やセンサー類から取得したデータを、NTT Comのクラウド基盤「Enterprise Cloud」に集積することで、工場と工場の間、あるいは工場と本社オフィスの間などでデータを共有・活用できるようにする。

 自社工場を持つ企業では、本社や出張先などから各工場の稼働状況をリアルタイムにモニタリング可能になるため、迅速な計画変更指示やトラブル対応支援、ガバナンス・コンプライアンス強化などに活用できる。また、1カ所に集約してモニタリングできるため、リソース配分の効率化につなげることもできる。

 セキュリティ面では、インターネットを介さない企業向けモバイルネットワーク「Arcstar Universal One モバイル」を接続回線に用いており、プライベートクラウドに直結することで安全性を担保し、重要な情報を扱えるようにする。

 接続回線がモバイルであるため、固定回線に比べ短い期間で導入できる。また、あらかじめサイジングされたパッケージで提供するので、手早く小規模から始めたい場合にも適している。

 データ収集・分析アプリケーションとして、工場における機器の稼働状況を可視化できるシュナイダーエレクトリックのSCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)「Vijeo Citect」およびジェイティ エンジニアリングの「JoyWatcher」をパッケージに組み入れて提供する。ラインアップは、今後も追加していく予定だという。

 IoT Platform Factory パッケージの価格は、アプリケーションが持ち込みの「Basicプラン」の月額費用が2万2450円(税別、以下同様)から、初期費用が8万8400円からで、「Vijeo Citectプラン」がそれぞれ3万4200円からと30万5250円から、「JoyWatcherプラン」がそれぞれ2万2450円からと64万4400円からになる。

 NTT Comは今後、第2弾として自動車向けのパッケージを2016年7月に、第3弾として各種機器・製品向けのパッケージを2016年9月に提供開始する予定だとしている。

関連記事

NTT Comが安全なIoT環境を一括導入できる製造業向けサービスを提供NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2016年5月9日、安全なIoT(Internet of Things:モノのインターネット)環境を一括で導入できる「IoT Platform」サービスの提供を開始すると発表した。第1弾として「IoT Platform Factory パッケージ」を2016年5月16日から提供する。

PAGE TOP