CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[ベテランCIOが語る「私がやってきたこと、そこから学んだこと」]

MITに留学、しんどいことこそリターンも大きい

【第2回】

2016年5月13日(金)寺嶋 一郎(元・積水化学工業情報システム部長)

 前回は、入社間もない頃の経験や体験と、そこから学んだITの可能性とチャレンジの大事さをお伝えした。今回は入社数年して、仕事を任されるようになった頃の出来事や感じたこと、そして苦労も多かったが、貴重な経験をさせてもらったMIT(マサチューセッツ工科大学)に留学した経緯を記したい。何かを読み取っていただければ幸いである。

 積水化学に入社して最初の数年間、筆者はマイコンを使った制御システムの開発に従事した。当初はアセンブラ言語がなく、16進数の機械語でプログラムを作り、直接ROMに書き込んでいた。勉強にはなったが、さすがに生産性が悪かった記憶がある。その後、大学の先生にアセンブラを作ってもらい、「タイピュータ」と呼ばれる紙テープの穿孔機でプログラムを作った。それでも編集は大変だし、紙テープは下手に扱うとちぎれてしまったりした。

 ちなみに大学時代のコンピュータの実習では、パンチカードでプログラムを書いていた。カード穿孔機を使うために長い行列に並び、やっとの思いでコンパイルしたらエラー発生!それも、たった一語の綴り間違い。再度、長い行列に並び直さなければならなかった。ところが進んだ研究室ではTSS端末でプログラムを作成できる環境があり、それが羨ましかったものだ。

 やはり開発環境が劣悪だと、良いシステムは作れない。考えた末、上司に掛け合ってパソコンの走りであるif800(http://museum.ipsj.or.jp/computer/personal/0005.html)を買ってもらった。Wordstarというワープロでプログラミングができるようになり、プログラムの作成は格段に楽になったほか、紙テープからフロッピーディスクになったので、すごく便利になった。

 大事なことは、いかに楽をするかを考え、そのためにいろいろと工夫をすることだと思う。開発環境を整えることはもちろん、ルーチンワークはプログラムを作って自動化する。楽をするために知恵を使う。そうすることで工数のかかる力仕事を減らせ、より創造的な仕事に時間を使うことができる。その結果、仕事の質は向上し、好循環が始まるからだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】システム部門と初対峙、役所のような対応に唖然
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
ベテランCIOが語る「私がやってきたこと、そこから学んだこと」一覧へ
関連記事

MITに留学、しんどいことこそリターンも大きい 前回は、入社間もない頃の経験や体験と、そこから学んだITの可能性とチャレンジの大事さをお伝えした。今回は入社数年して、仕事を任されるようになった頃の出来事や感じたこと、そして苦労も多かったが、貴重な経験をさせてもらったMIT(マサチューセッツ工科大学)に留学した経緯を記したい。何かを読み取っていただければ幸いである。

PAGE TOP