[木内里美の是正勧告]

FinTechに揺れる銀行とアナログな現実

2016年5月16日(月)木内 里美

銀行をはじめとする金融機関の間では、FinanceとTechnologyを掛け合わせたFinTechの話題が盛んだ。昨今のこの領域では、ITベンチャーの存在感が高まっている一方で、既存の大手はむしろ守り側としての振るまいが目立つ。筆者は、そんな構図を象徴するような出来事をつい最近味わった。

 筆者の会社にも取引銀行の口座があり、法人カードが発行されている。先日取引先へ振り込みをするために銀行に出かけた時のこと。ATMにカードを差し込み、暗証番号を入力すると「このカードでは取引ができません」という案内とともにカードが戻されてしまった。行員に口座とカードを調べてもらうと「カードのICチップが壊れているようです」という。問題はここから始まった。

 まずカードの再発行に1週間以上かかるという。しかもいつ発行できるか確約できないと言い、すでに1週間を過ぎるがまだカードは届かない。カード内部のデータは保存管理されているはずだし、2営業日くらいで再発行されると思ったのは甘かった。

 ともかく給与の振り込みや支払いは行わねばならない。カードが無いから通帳と印鑑を持参して、銀行の窓口に行かねばならないのだ。窓口業務はいつも停滞していて、到着順に受付機で番号札をもらい、順番を待つ。その間に引出し1件でも書類に記入し、遅々として進まない窓口処理を待つことになる。実に無駄な時間を顧客に強いるものだ。

 振り込みはさらに大変である。「振込依頼書」と言う書類に必要事項を記入するのだが、頻繁に振り込む相手先はカードに登録しているから、個々の相手先の銀行や支店や口座番号などを覚えていない。請求書で確認しながら記入しなければならない。それだけではない。窓口振込になると振込手数料がグループ行宛でも108円から540円に上がり、他行宛は432円から864円になることに驚く。こちらが手数料を貰いたいくらいなのに、この不合理を何のためらいもなく説明するのだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

FinTechに揺れる銀行とアナログな現実銀行をはじめとする金融機関の間では、FinanceとTechnologyを掛け合わせたFinTechの話題が盛んだ。昨今のこの領域では、ITベンチャーの存在感が高まっている一方で、既存の大手はむしろ守り側としての振るまいが目立つ。筆者は、そんな構図を象徴するような出来事をつい最近味わった。

PAGE TOP