[新製品・サービス]

富士通、大学向け戦略的情報活用基盤を提供

2016年6月6日(月)IT Leaders編集部

富士通は2016年6月3日、大学を対象にした戦略的情報活用基盤「FUJITSU 文教ソリューション Unified-One 統合データベース」の発売を発表した。学内外に分散する情報を統合・可視化し、大学の意思決定を支援する。出荷は6月10日に開始する。

 「Unified-One 統合データベース」は、学内の教務部門、各学部、各研究室、学内図書館などで別々に管理している、学生の学籍情報や志願者情報、履修情報、成績・課題情報、図書館利用情報などを抽出し、ボランティア活動情報やアルバイト活動情報、教育実習先情報などの外部データと合わせて、新規に大学経営戦略の立案を目的としたデータ分析用の統合データベースを構築できる。

 各種の分析に役立つグラフを自動作成する機能も備えており、学生の入学から卒業までの各種のデータを集約し、グラフにしてさまざまな角度で可視化することで、入学方式や出身校、大学での活動と、学業成績や就職との相関や傾向などを把握できるようになる。

 常時最新の情報を安全に集約でき、管理者が情報を必要とするタイミングで各データベースから統合データベースへの取り込みが可能だ。入試、履修、成績、就職、LMS(Learning Management System)、図書の貸出、施設の利用状況など既存業務システムのデータや現場担当者がExcelなどで管理しているデータを、製品に搭載しているWebDAV機能によって安全に収集できる。

 収集データを、わかりやすいGUIを使ってデータベースにマッピングできるほか、システムごとに異なるコードマスターの整備や学生情報を横串につなぐための変換処理など、データ統合を容易に行える。

 また、さまざまな分析に利用可能な分析テンプレートも提供する。Tableau SoftwareのBIツールを利用しグラフ表示するためのインターフェースと、入学者、在学者、退学者、卒業者それぞれの傾向をグラフ表示できる28種類の分析テンプレートを用意している。Tableauと連携すれば、統合データベースのデータ項目をドラッグ&ドロップすることで、簡単に新たな分析テンプレートを作成できる。

 ダッシュボードについては、入試対策、教育の質向上、就職率向上のための3種類のダッシュボードを装備している。今後、分析テンプレートやダッシュボードを追加していく予定だという。

 Unified-One 統合データベースの価格は、Tableau分析テンプレート、1接続ユーザーライセンス付きの基本構成が150万円(税別)になる。

 富士通は、2019年度末までに100大学への導入を目標にする。

関連記事

富士通、大学向け戦略的情報活用基盤を提供富士通は2016年6月3日、大学を対象にした戦略的情報活用基盤「FUJITSU 文教ソリューション Unified-One 統合データベース」の発売を発表した。学内外に分散する情報を統合・可視化し、大学の意思決定を支援する。出荷は6月10日に開始する。

PAGE TOP