[新製品・サービス]

日本オラクル、中堅企業向けのクラウド型人材管理アプリケーションを提供

2016年6月7日(火)IT Leaders編集部

日本オラクルは2016年6月6日、中堅企業を対象にしたクラウド型人材管理アプリケーションの専用パッケージを発表した。ソーシャルメディアや社員による人材紹介を活用した採用活動と、社員の目標・評価管理を支援するクラウドサービスを、従来よりも低コストかつ短期に導入できる。

 同パッケージでは、人材採用活動を支援する「Oracle Talent Acquisition Cloud for Midsize」と、社員の目標/評価管理を支援する「Oracle Talent Management Cloud for Midsize」の2つのクラウドサービスを利用できる。適切な人材を採用する可能性を向上しつつ採用業務コストの削減を図ることと、客観的事実に基づく多面的評価とその可視化による公平な人事考課を可能にする。

 Oracle Talent Acquisition Cloud for Midsizeは、社内に対しての空きポジションの告知や、社員による人材紹介プロセスを支援する機能と、LinkdIn、Facebook、Twitterなどのソーシャルメディアを通じた人材募集情報の発信・応募受付などの機能を提供する。

 応募者のスクリーニング、職位別・職種別などの求人タイプに応じた柔軟な採用作業プロセスの管理、面接管理やオファーレターの自動作成などの機能も提供する。個人情報収集、座席や業務用端末などの手配といった入社手続きを支援する機能、採用活動に利用できる分析機能も備えている。

 Oracle Talent Management Cloud for Midsizeは、組織目標と整合性がある個人目標の設定を支援し、目標に対する進捗の確認や、直属の上司だけでなく任意の社員などが多面的に評価することが可能な機能を提供する。営業職・技術職などの職能別評価、マネージャー・一般職などの職位別評価といった、さまざまな評価制度にも柔軟に対応できる。

関連記事

日本オラクル、中堅企業向けのクラウド型人材管理アプリケーションを提供日本オラクルは2016年6月6日、中堅企業を対象にしたクラウド型人材管理アプリケーションの専用パッケージを発表した。ソーシャルメディアや社員による人材紹介を活用した採用活動と、社員の目標・評価管理を支援するクラウドサービスを、従来よりも低コストかつ短期に導入できる。

PAGE TOP