[新製品・サービス]

NEC、PLMソフトの最新版でIoTに対応

2016年6月13日(月)IT Leaders編集部

NECは2016年6月10日、設計図面や仕様書、部品表などの製品技術情報を一元管理するPLM(Product Lifecycle Management)ソフトウェア「Obbligato III」の最新版「同R4.1」を発売した。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に対応する製品構成情報と製造プロセス情報の統合管理を可能にする。

 「Obbligato III R4.1」は、部品の種類や数量といったBOM(Bills of Material:製品構成情報)に加え、製造工程・使用設備などのBOP(Bills of Process:製造プロセス情報)も管理することで、工程表や作業指示書などの製造ナレッジの共有・継承を促進できる。

 また、BOMとBOPを統合管理することで、仕様変更や不具合の際に、部品だけでなく工程や設備も含めた影響範囲を迅速に特定して対処可能になる。一貫したものづくりの品質を確保可能になり、グローバル製造拠点の迅速な立ち上げや生産移管にも活用できる。

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)にも対応し、センサーなどからのリアルタイムな生産実績とBOPとの差異を分析することで、ライン構成や設備の設定条件などが最適になるよう継続的にBOPの改善を図れる。

 さらに、苦情や予防措置の管理機能なども新たに追加し、医療機器メーカーに求められる、FDA(米国食品医薬品局)が制定した品質システムに関する米国連邦規制「21 CFR Part820」にも対応した。

 Obbligato III R4.1の出荷は2016年12月以降となる。価格は最小構成で5利用者の場合のライセンス費用が360万円(税別)から。SI費用は別途必要になる。

 NECは今後3年間で150社への販売を目標にする。

関連記事

NEC、PLMソフトの最新版でIoTに対応NECは2016年6月10日、設計図面や仕様書、部品表などの製品技術情報を一元管理するPLM(Product Lifecycle Management)ソフトウェア「Obbligato III」の最新版「同R4.1」を発売した。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に対応する製品構成情報と製造プロセス情報の統合管理を可能にする。

PAGE TOP