[木内里美の是正勧告]

情報サービス業の「多重階層構造」、それが問題の本質ではない

2016年6月15日(水)木内 里美

筆者の目線は常にユーザー側である。システムを開発する目的や意図は使う側にあるから、ユーザー側から見た“摩訶不思議”なことを書いている。しかし、時には目線を変えてベンダー側からシステム開発を見てみるのもいいのではないか──。そんな気になったのは最近、情報サービス会社から相談を受けることが増えているからだ。

 情報サービス業は多重階層(下請け)構造だと言われる。それが問題であり、何とかしたいという趣旨の相談なのだが、しかし多重階層構造は情報サービス業に限った話ではない。製造業では完成品メーカーを頂点に1次、2次と下請企業が連なるのが普通だし、流通小売業でも似たような構造でビジネスが動いている。日本の総企業数の99.7%を占める中小企業は、多重階層構造によって成り立っているのだ。

 それにもかかわらず、ことさら情報サービス業における多重階層構造の問題が強調されるのは、それが不条理な取引関係や過重な労働を生んでいるからだろう。情報サービス業が3Kだ5Kだ7Kだと言われてきた所以は、労働集約の面から指摘されることが多い。

同じ多重階層構造でも建設業は中身が異なる

 情報サービス業には、ユーザー企業からプライムで受注する会社(元請会社)と、その会社から受託して開発を行う会社(下請会社)がある。一般にプライムはハイリスク・ハイリターン、受託はローリスク・ローリターンだ。だからリスクを考えて受託に徹する会社も少なくない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

情報サービス業の「多重階層構造」、それが問題の本質ではない筆者の目線は常にユーザー側である。システムを開発する目的や意図は使う側にあるから、ユーザー側から見た“摩訶不思議”なことを書いている。しかし、時には目線を変えてベンダー側からシステム開発を見てみるのもいいのではないか──。そんな気になったのは最近、情報サービス会社から相談を受けることが増えているからだ。

PAGE TOP