[新製品・サービス]

日立のIoTプラットフォームが持つ4つの特徴とは

2016年6月16日(木)杉田 悟(IT Leaders編集部)

日立製作所が、自社のIoT(Internet of Things:モノのインターネット)を発表したのが2016年4月のこと。他の大手ITベンダーに大きく遅れての登場だけに、どれだけ独自性を打ち出すことができているかが注目された。2016年6月1日に行われた同社のIR戦略説明会では、小島啓二執行役専務によるサービス&プラットフォームビジネスユニット事業の説明としてIoTプラットフォームの紹介に多くの時間が割かれ、その4つの特徴が明らかにされた。

OTとITの結集が「Lumada」

 日立のIoTプラットフォーム「Lumada(ルマーダ)」は、ライバルである富士通やNECよりも、より大きな範囲をカバーしているのが特徴だ。業務システムから制御システムまで、幅広い分野を手掛ける日立の特徴が反映されている。

 2016年4月の発表では、Lumadaが他社と大きく異なる2つの特徴が示されていた。ひとつが、Lumadaの開発が米国を中心に行われること。日立は米サンタクララに、サービス&プラットフォームビジネスユニットCEOである小島啓二執行役専務をリーダーとした同ユニットのグローバルヘッドクォーターを新設している。海外のリソースを取り入れながら6千名体制でLumadaの開発を進めていく予定で、ここへの投資額は、2018年度までの3年間で約1千億円という大規模なものになる。

 もうひとつの、他社にはない特徴が「OTとITの結集」だ。ご存知のように日立はプラントや交通インフラ関連の開発では、世界をまたにかけたビジネスを展開している。ここで培われた制御系の技術:OT(Operational Technology)はIoTに必要不可欠なものであり、ITとOT双方のノウハウを持つことを、IoTビジネスにおける日立の強みとして打ち出した形となっている。

 6月1日の戦略説明会ではLumadaについて、新たに4つの特徴が示された。それが「Single Platform, Multiple Solutions」「Open」「Adaptable」「Verified and Secure」だ(図1)。

(図1)IoTプラットフォーム「Lumada」の全容(出所:Hitachi IR Day 2016資料)
拡大画像表示

Lumadaの強みとなる4つの特徴とは

 最初の「Single Platform, Multiple Solutions」(図2)は、ひとつのプラットフォームで複数の事業分野のソリューションを実現できるということだ。Lumadaを実際に活用するのは、各業界のユーザーに直接ソリューションを提供している「フロントビジネスユニット」。様々な業界の顧客を持つフロントビジネスユニットが、Lumadaという共通のプラットフォームを使ってソリューションを展開していく。

(図2)Lumadaの特徴「Single Platform, Multiple Solutions」(出所:Hitachi IR Day 2016資料)
拡大画像表示

 日立はこれまで、様々な分野でソリューション開発を行ってきている。サービス&プラットフォームビジネスユニットは、各分野のソリューションを抽象化・一般化してテンプレート化する。これを「ソリューションコア」と呼ぶ。フロントビジネスユニットはこれらのソリューションコアをカスタマイズ、マッシュアップして、それぞれのユーザーに合ったソリューションに直していくという流れを考えている。

 2016年度に注力するソリューションコアとして、電力エネルギー分野の「Micro-grid」「Smart Energy」、産業・流通・水分野の「Optimized Factory」「Smart Logistics」、アーバン分野の「City Data Exchange」「Public Safety」、金融・公共・ヘルスケア分野の「Digital Payment」「Clinical Repository」、製造分野の「Predictive Maintenance」を上げている。

関連記事

日立のIoTプラットフォームが持つ4つの特徴とは日立製作所が、自社のIoT(Internet of Things:モノのインターネット)を発表したのが2016年4月のこと。他の大手ITベンダーに大きく遅れての登場だけに、どれだけ独自性を打ち出すことができているかが注目された。2016年6月1日に行われた同社のIR戦略説明会では、小島啓二執行役専務によるサービス&プラットフォームビジネスユニット事業の説明としてIoTプラットフォームの紹介に多くの時間が割かれ、その4つの特徴が明らかにされた。

PAGE TOP