データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[インタビュー]

「IT部門の使命は『データファクトリー』」─米ガートナー

データ前処理ツールの最新動向から考えるIT部門の存在意義

2016年6月15日(水)川上 潤司(IT Leaders編集部)

データの分析や可視化を支えるツールが進化する一方で、後手に回ってきたのが必要なデータを整える「前処理」の領域だ。ここにセルフサービス型の新しいツールが登場し始めた。その動向や、あらためてIT部門が担うべきミッションについて、米ガートナーでリサーチ部門 バイスプレジデントを務めるリタ・サラム(Rita Sallam)氏に話を聞いた。

 TableauやQlikViewのようなモダンBIツールの登場が1つの契機となり、一般のビジネスユーザー自らがデータ分析にあたる姿は今や珍しいことではなくなった。一方で、データサイエンティストのような職種が脚光を浴び、高度なデータ解析の領域においても、あの手この手のチャレンジが続いている。

米ガートナー リサーチ部門 バイスプレジデント リタ・サラム(Rita Sallam)氏

 データから知見を得て次の手に活かすという文脈においては、とかくデータを“料理すること”が着目されがちで、市場にも料理を楽にするためのツールが次々と登場しているのが昨今の状況だ。もちろん、それは歓迎すべきことだが、より重要となるのが“食材を準備すること”、つまりは分析対象とするのに相応しいデータを素早く揃える仕組みを整えることである。

 知っての通り、データは企業内にある様々なシステムに散在している。フォーマットも異なれば、粒度や精緻さも種々雑多だ。非構造化データも増え続けている。幾つものデータソースを組み合わせて分析したいというニーズが高まっている中で、望むようなデータを実際に準備するのは簡単なことではない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】IT部門が持つべき見識と広がるチャンス
  • 1
  • 2
関連記事

「IT部門の使命は『データファクトリー』」─米ガートナーデータの分析や可視化を支えるツールが進化する一方で、後手に回ってきたのが必要なデータを整える「前処理」の領域だ。ここにセルフサービス型の新しいツールが登場し始めた。その動向や、あらためてIT部門が担うべきミッションについて、米ガートナーでリサーチ部門 バイスプレジデントを務めるリタ・サラム(Rita Sallam)氏に話を聞いた。

PAGE TOP