開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

AWS S3に準拠したOSSのオブジェクトストレージ製品を提供─米Scality日本法人

2016年6月17日(金)IT Leaders編集部

米Scalityの日本法人は2016年6月16日、AWS S3(Amazon Web Services Simple Storage Service)API(Application Programming Interface)に準拠したOSS(Open Source Software)のオブジェクトストレージ製品「S3 Server」の提供を開始した。

 「S3 Server」は、クラウドアプリケーションの開発・テストに適した、単一サーバー向けオブジェクトストレージ製品である。商用製品の「Scality RING」のS3(Simple Storage Service)ストレージ機能をOSS(Open Source Software)として提供する。Dockerイメージとして配布するので導入も容易で、アプリケーション開発者は、手元の環境で気軽に開発ができる。システム管理者は、開発後に本番環境での稼働までの時間の短縮を図れるようになる。

 S3 ServerはNode.jsで開発されており、さまざまな種類のS3 API(Application Programming Interface)をサポートしている。高い互換性を備えているため、アプリケーション開発者は、AWS(Amazon Web Services)S3固有のバインディングや、Java/.NET/JavaScript/Goなどのラッパーを意識せずに開発を進められる。

 開発したコードは特別な変更は不要で、そのままオンプレミスで運用することも、AWSまたはS3に対応したパブリッククラウド上で運用することも可能だ。Docker volumeを利用しているので、小規模での開発から、数百TBクラスの大規模デプロイメントにも対応できる。

 サポートについては、Docker Hub、Git Hub、Scality S3 Server Portalで、コミュニティベースの無償サポートまたは有償のエンタープライズサポート(英語サポートのみ)を利用可能だ。エンタープライズサポートの価格は月額950ドル。

関連記事

AWS S3に準拠したOSSのオブジェクトストレージ製品を提供─米Scality日本法人米Scalityの日本法人は2016年6月16日、AWS S3(Amazon Web Services Simple Storage Service)API(Application Programming Interface)に準拠したOSS(Open Source Software)のオブジェクトストレージ製品「S3 Server」の提供を開始した。

PAGE TOP