[新製品・サービス]

日本IBMとみずほ、ブロックチェーンの活用に向けた技術検証を開始

2016年6月23日(木)IT Leaders編集部

日本アイ・ビー・エム(日本IBM)とみずほフィナンシャルグループ(みずほ)は2016年6月22日、分散型ネットワーク「ブロックチェーン」の活用に向けた技術検証を開始することに合意した。

 日本IBMとみずほは、Linux Foundationが提唱する、取引の記録と検証を行うためのOSS(Open Source Software)のブロックチェーン技術「Hyperledger」と、IBMがOSSを活用して開発したブロックチェーン技術である「Open Blockchain」を用いて、決済業務の領域で仮想通貨などの検証作業を2016年6月から開始する。

 具体的には、みずほは、日本IBMが提供するアプリケーションの短期開発支援サービス「IBM Garage」を通じ、決済業務でのブロックチェーンの適用可能性および仮想通貨の実現性について評価などを実施する。日本IBMは、ブロックチェーンによる業務アプリケーションの設計と構築など、先進的なアプリケーションの開発スタイルの変革に向けた基準作りを支援する。

 みずほは、同技術検証を通じてブロックチェーン技術や仮想通貨に関する研究を進め、より利便性の高いサービスの提供や、技術の飛躍的進化にも迅速に対応する新しい金融サービス創造を推進していくとしている。

 日本IBMは、Linux FoundationのHyperledgerに参画し、ブロックチェーン技術の実用に向けた取り組みを推進しているという。同取り組みでは、アプリケーションの開発者が高いセキュリティを保ちながら、分散台帳を容易に構築できる技術を提供する。

関連記事

日本IBMとみずほ、ブロックチェーンの活用に向けた技術検証を開始日本アイ・ビー・エム(日本IBM)とみずほフィナンシャルグループ(みずほ)は2016年6月22日、分散型ネットワーク「ブロックチェーン」の活用に向けた技術検証を開始することに合意した。

PAGE TOP