[新製品・サービス]

独SUSE、米インテルのHPCスタックに商用サポートLinuxオプションを提供

2016年6月23日(木)IT Leaders編集部

独SUSEは2016年6月22日、米インテルのHPC(High Performance Computing)システムソフトウェアスタックである「Intel HPC Orchestrator」のオプションとして、「SUSE Linux Enterprise Server for High Performance Computing」をインテルが配布すると発表した。提供は2016年第4四半期の開始を予定している。

 「SUSE Linux Enterprise Server for High Performance Computing」は、Intel HPC(High Performance Computing)OrchestratorシステムソフトウェアスタックのOSオプションとして同梱される、商用サポートLinuxだ。HPCソフトウェアスタックの統合・検証作業の負担を軽減する。

 ユーザーは、変化するビジネスデータから必要なものをより短時間で入手できるようになる。OpenHPCコミュニティが主導する新コンポーネントと最適化機能の連携により、保守・サポート業務の簡素化も図れる。

 SUSEとインテルは、一元的な共同サポートを提供するとともに、今後、インテルのHPCシステムソフトウェア向けにSUSE Linux Enterprise Serverの最適化を図る。

関連記事

独SUSE、米インテルのHPCスタックに商用サポートLinuxオプションを提供独SUSEは2016年6月22日、米インテルのHPC(High Performance Computing)システムソフトウェアスタックである「Intel HPC Orchestrator」のオプションとして、「SUSE Linux Enterprise Server for High Performance Computing」をインテルが配布すると発表した。提供は2016年第4四半期の開始を予定している。

PAGE TOP