[インタビュー]

知っておくべきタレントマネジメント、「グローバル企業では常識」と米社CEO

2016年6月28日(火)田口 潤(IT Leaders編集部)

ITに関するアンケートなどで、CIOなどITリーダーの問題意識の筆頭に上がるのが「人材育成」である。その問題意識は情報システム部門に限らない。それどころか業種・業態も、国すら問わない。そんな人材に焦点を合わせたタレントマネジメントとソリューションについて、有力ベンダーの1社である米Cornerstone OnDemandのCEOに最新事情を聞いた。

 人事情報システムは人事部門任せ。情報システム部門は関与しないか、関与してもインフラ運用やID管理に関わる程度−−。これが多くの企業の実情かも知れない。だが、企業にとって人材の重要性は論を要しない。だとすれば、人材情報を扱うシステムは基幹業務システムに匹敵するか、それ以上の存在と言っても過言ではない。

 しかも一昔前と今日では、海外拠点における人材マネジメントの高度化や、在宅勤務・モバイルワークといったワークスタイル変革への対応など、人材を取り巻く環境は様変わりした。関連するシステムやソリューションも当然、変化している。CIOや情報システム部門がそのすべてを担う必要はないにせよ、少なくとも人材情報マネジメント(HRM:Human Resource Management)やタレントマネジメント(TM:Talent Management)の要諦は、押さえておくべきだろう。

写真1:米Cornerstone OnDemandの社長兼CEOであるAdam Miller氏写真1:米Cornerstone OnDemandの社長兼CEOであるAdam Miller氏

 というわけでこれまで本誌は、DBMSにNoSQLデータベースの「Cassandra」を採用しAI(人工知能)も装備したワークスアプリケーションズのERP「HUE」、クラウドネイティブなERP「Workday」など、HRMに関連するソリューションを報告してきた(関連記事1関連記事2)。

図1:Magic Quadrant for Talent Management Suite図1:Magic Quadrant for Talent Management Suite
拡大画像表示

 今回、タレントマネジメント(TM)のソリューションを提供する米Cornerstone OnDemandの社長兼CEOであるAdam Miller氏にインタビューする機会があったので、TMの最新事情(の一端)を報告する(写真1)。なお同社は米ガートナーの「Magic Quadrant for Talent Management Suites」においてリーダーにランクされる3社のうちの1社(図1、2015年8月)。顧客数は2700社、マネジメントしている社員数は全顧客合計で2500万人とTM専業では最大手である。

−−まず人材情報マネジメント(HRM)と、タレントマネジメント(TM)の違いを教えて欲しい。機能だけを見ると大きな違いはないように見える。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】TMはフロントオフィスのシステム
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

知っておくべきタレントマネジメント、「グローバル企業では常識」と米社CEOITに関するアンケートなどで、CIOなどITリーダーの問題意識の筆頭に上がるのが「人材育成」である。その問題意識は情報システム部門に限らない。それどころか業種・業態も、国すら問わない。そんな人材に焦点を合わせたタレントマネジメントとソリューションについて、有力ベンダーの1社である米Cornerstone OnDemandのCEOに最新事情を聞いた。

PAGE TOP