[新製品・サービス]

NEC、インドにOSSの専門組織を設立

2016年7月4日(月)IT Leaders編集部

NECとインドNEC Technologies India(NTI)は2016年7月1日、NTI内にOSS(Open Source Software)の技術支援専門の組織として「OSS Technology Centre」を設立した。

 「OSS Technology Centre」は、グローバルでOSS(Open Source Software)を活用した企業システム構築を支援する体制の強化のために設立された。海外のOSSベンダーとも連携し、迅速な支援を提供する。

 ソフトウェア開発やサポート対応力などの基本スキルに加え、OSSに関するコミュニティ活動やOSS製品アーキテクトとしての実績・スキルを有する要員約50名の体制で活動を開始する。

 まずはアジアパシフィック地域を中心にサポートサービスを提供し、現地法人などが推進する、OSSを活用したシステム構築事業を支援する。特に、クラウドやSDN(Software Defined Network)などの領域でのOSSを活用したシステムに関して、支援体制の強化を図る。

 また、OpenStackをベースとした技術に関して、SDN・NFV(Network Functions Virtualization)などのネットワーク関連や、コンテナ・PaaS(Platform as a Service)といったアプリケーション基盤関連の新規機能開発を進め、OSSコミュニティへ提供するとしている。

関連記事

NEC、インドにOSSの専門組織を設立NECとインドNEC Technologies India(NTI)は2016年7月1日、NTI内にOSS(Open Source Software)の技術支援専門の組織として「OSS Technology Centre」を設立した。

PAGE TOP