[新製品・サービス]

SoftLayer/Windowsサーバー向けクラウド型バックアップサービスを提供─東芝ソリューション販売

2016年7月7日(木)IT Leaders編集部

東芝ソリューション販売は2016年7月6日、AOSデータと共同で、IBMのパブリッククラウドサービスの「SoftLayer」およびオンプレミス環境のWindowsサーバーを対象とするクラウド型バックアップサービス「TaMATE クラウドコンテナ」の提供を開始した。サーバー保管データの紛失を防げる。

 「TaMATE クラウドコンテナ」は、高度な管理機能やセキュリティ機能を備え、SoftLayer上のサーバーまたはオンプレミスのWindowsサーバーに保管されているデータを、自然災害やディスク障害などによるデータ紛失トラブルから保護できる。AOSデータの法人向けクラウドバックアップサービスである「AOSBOX Business」を採用している。

 指定したフォルダを監視し、指定した間隔で、変更があったファイルを定期バックアップする。保存先はAWS(Amazon Web Services)で、ファイルごとに最大100世代までバックアップを保持可能だ。

 オンプレミス対応版では、クラウドサービスと同時にLAN内にあるネットワークアクセスサーバーへ転送することが可能になっている。

 TaMATE クラウドコンテナの価格は、SoftLayer対応版・オンプレミス対応版のいずれもオープン価格になる。

関連記事

SoftLayer/Windowsサーバー向けクラウド型バックアップサービスを提供─東芝ソリューション販売東芝ソリューション販売は2016年7月6日、AOSデータと共同で、IBMのパブリッククラウドサービスの「SoftLayer」およびオンプレミス環境のWindowsサーバーを対象とするクラウド型バックアップサービス「TaMATE クラウドコンテナ」の提供を開始した。サーバー保管データの紛失を防げる。

PAGE TOP