[新製品・サービス]

マルウェアから機密データを守る暗号化製品の最新版を提供─日立ソリューションズ

2016年7月8日(金)IT Leaders編集部

日立ソリューションズは2016年7月7日、PCや記録メディア、ファイルサーバー上の機密データを暗号化する「秘文 Data Encryption」の最新版を発表した。安全性を確認できないプログラムから機密データへのアクセスを禁止できる。提供は2016年8月31日から開始する。

 「秘文 Data Encryption」の最新版では、従来の盗難・紛失や内部不正などに加え、標的型攻撃による情報漏えいの脅威にも対応範囲を拡大した。

 具体的には、同製品で暗号化した機密データに対して、安全性が確認された正規のプログラムのみにアクセスを許可して復号する。信頼できる証明書で署名されていないなど、安全性が確認できないプログラムに対しては、機密データへのアクセスを禁止し、復号させない。

 正規のプログラムが悪用された場合にも対応可能だ。RAT(Remote Access/Administration Tool:リモートアクセス型トロイの木馬)などのマルウェアによって、OSのコマンドやスクリプトなどを悪用する標的型攻撃に対しても防御できるよう、起動元プログラムの安全性が確認できない場合は機密データへのアクセスを禁止する。

 秘文 Data Encryptionの価格は、買取ライセンスの場合が1クライアント当り1万円(税別、以下同様)で、年間利用ライセンスの場合は1クライアント当り5000円になる。なお、買取ライセンスは保守費・サーバーライセンスを含まない。年間利用ライセンスではそれらを含んでいる。

関連記事

マルウェアから機密データを守る暗号化製品の最新版を提供─日立ソリューションズ日立ソリューションズは2016年7月7日、PCや記録メディア、ファイルサーバー上の機密データを暗号化する「秘文 Data Encryption」の最新版を発表した。安全性を確認できないプログラムから機密データへのアクセスを禁止できる。提供は2016年8月31日から開始する。

PAGE TOP