[市場動向]

APIの増大がもたらす課題を解決する―アカマイ

2016年7月19日(火)杉田 悟(IT Leaders編集部)

デジタルビジネスが注目されるようになり、ソフトの開発現場にも変化が起ころうとしている。これまでの品質重視からスピード重視へと軸足を移す企業も出てきており、そんな企業が重宝しているのがAPI(Application Programming Interface)だ。APIの活用が増えてくるとともに、ネットワークインフラ周りの課題も散見されるようになってきた。Webコンテンツのデリバリーを最適化してきた米アカマイは、APIデリバリーの最適化にも臨もうとしている。

(写真1)アカマイのJeffrey Costaシニア・プロダクト・マネージャー 
 

 APIは、他のソフトから機能やデータを呼び出して利用するためのインターフェースの仕様のことだ。大規模CDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)事業者として知られるアカマイのシニア・プロダクト・マネージャーであるJeffrey Costa氏の元には、急激に増加するAPIを安定的にデリバリーしたいというユーザーからの声が多数届いているという。

 その声を受けてアカマイは、APIがすでに戦略的に取り組んでいくべきボリュームのトラフィックに達していると判断した。そしてその対策として、APIデリバリーの高速化、セキュリティの担保、管理ソリューションの開発に乗り出している。

 なぜAPIのトラフィックが、これほどまでに急増しているのか。その要因のひとつにデジタルトランスフォーメーション、いわゆるデジタル改革の存在が上げられる。例えば金融分野では、Fintechといわれるスタートアップ企業が次々と登場しては、送金やモバイルバンキングなどでAPIを活用した新たなサービスを生み出している。

 対する、既存の銀行もAPIへの投資を開始しているという。長年営業を続けてきた銀行はすでに多くのデータが蓄積されており、これらはデジタルの側面からは大変価値のあるものだ。Costa氏は「APIを活用することで、この価値あるデータを開放することができる」としている。

 その先進的な一例としてCosta氏が紹介してくれたのが、老舗銀行の一行である米キャピタル・ワンの取り組みだ。同行はセキュリティ、報酬(マイル)、クレジットカードの申し込みという3つのAPIを開発者向けに公開した。外部の開発者を招待して、彼らのサービスを使って新たなサービスを開発するよう呼びかけたのだ。こうした取り組みは、米国の金融業界では比較的よくあることだという。

 また、「例えばAPIのようなソフトウェアは、ブランドを可視化できる1つの表現方法だ」と考えている人もいるという。その典型的な例が、ECサイト大手の米Amazon.comが米国サイトで提供している「Amazon Dash」だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】処方箋がドライブスルーで受け取れる
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

APIエコノミー

関連記事

APIの増大がもたらす課題を解決する―アカマイデジタルビジネスが注目されるようになり、ソフトの開発現場にも変化が起ころうとしている。これまでの品質重視からスピード重視へと軸足を移す企業も出てきており、そんな企業が重宝しているのがAPI(Application Programming Interface)だ。APIの活用が増えてくるとともに、ネットワークインフラ周りの課題も散見されるようになってきた。Webコンテンツのデリバリーを最適化してきた米アカマイは、APIデリバリーの最適化にも臨もうとしている。

PAGE TOP