[河原潤のITストリーム]

基盤、機器、管理ソフトが丸ごと揃う「IIJ IoTサービス」はどのぐらい魅力的?:第53回

2016年7月20日(水)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2016年7月19日、IoT(Internet of Things)サービス群「IIJ IoTサービス」を発表、同年11月より一部メニューを提供開始します。IoT活用に必要なクラウド基盤/機器/各種管理ソフトをマネージド型サービスとしてオールインワン提供するというもの。発表内容から企業にとっての魅力を確認してみましょう。

マネージドサービスとしてIoTの基本要素をトータル提供

 企業がIoTを活用したビジネスを支援するサービスやソリューションはすでに数多くのベンダーが出荷中ないしは発表済みです。総合的なものでは、2015年3月発表のマイクロソフト「Azure IoT Suite」、2015年9月発表のソラコム「SORACOM」、2016年2月発表のさくらインターネット「さくらのIoTプラットフォーム」あたりが有名どころでしょうか。今回のIIJ IoTサービスの発表は、良く言えば「満を持して」ですが、この分野でのIIJのポジションや提供済みの製品・サービス群を考えれば、やや出遅れたタイミングとも言えます。

 後発であるからには明確な強みが欠かせないということで、IIJ IoTサービスの発表にあたりIIJは、同社のこれまでのインターネット/ネットワーク分野でのノウハウに基づいたオールインワン/マネージドサービス型のクラウドプラットフォームであること(図1)と、今後のIoT市場の発展を見据えた将来のロードマップを描いていること(新サービスはロードマップ全体の端緒)の2つを訴えています。

図1:IIJ IoTサービスの概念図(出典:IIJ)

 オールインワンの強みとしてIIJは、「単体のIoTソリューションとは違い、各種デバイスに搭載されたセンサーに集まる情報の収集から蓄積、可視化、制御・管理の自動化に至るまで、IoTシステムに必要なすべての機能を一体化し、利用量課金型のクラウドサービスとして提供できること」(IIJ クラウド本部 副本部長の染谷直氏)を挙げます。これは、パブリッククラウドの「IIJ GIO」やコンシューマー向けMVNOサービス「IIJmio」、ルーターのレンタルサービス「SEILレンタルサービス」など既存サービス群(図2)に、現在開発中のIoTに特化したサービスや技術を加えて、IoTにまつわる全プロセスをトータルで網羅していく点を指しています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】3系統のサービスメニューを、当初は月額1000円程度で利用可能に
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
河原潤のITストリーム一覧へ
関連キーワード

IIJ / IoT

関連記事

基盤、機器、管理ソフトが丸ごと揃う「IIJ IoTサービス」はどのぐらい魅力的?:第53回インターネットイニシアティブ(IIJ)は2016年7月19日、IoT(Internet of Things)サービス群「IIJ IoTサービス」を発表、同年11月より一部メニューを提供開始します。IoT活用に必要なクラウド基盤/機器/各種管理ソフトをマネージド型サービスとしてオールインワン提供するというもの。発表内容から企業にとっての魅力を確認してみましょう。

PAGE TOP