[新製品・サービス]

ソフトバンク、SLA99.999%を保証するクラウドサービスを提供

2016年7月25日(月)IT Leaders編集部

ソフトバンクは2016年7月22日、信頼性と性能に優れた企業向けクラウドサービスである「ホワイトクラウド ASPIRE」の申し込みの受け付けを、2016年8月8日に開始すると発表した。SLA(Service Level Agreement:品質保証制度)99.999%を保証する。

 「ASPIRE」は、VMwareが提供する仮想化技術を採用し、仮想化基盤を構成するサーバーおよびネットワーク機器などのハードウェアから仮想化ソフトウェアまでを含め、SPOF(Single Point of Failure:単一障害点)のない構成でクラウドサービスを提供する。

 データセンター基盤のコンポーネントを、最新のネットワーク仮想化基盤ソフトウェア「VMware NSX」で仮想化しているため、サーバーやストレージのリソースに加え、必要なネットワーク機能もクラウドで調達・拡張でき、より迅速かつ柔軟にシステムを構築できる。

 サーバーリソース増強時の構築作業やインフラ監視、ハードウェア障害への対応などの運用負荷を軽減できるので、運用にかかわるトータルコストと工数の削減を見込めるほか、ビジネスの変化にも迅速に対応可能になる。

 標準ストレージにSSDを採用、HDDと比較して約5倍~10倍の高性能ストレージを提供して、データ入出力の負荷が高いシステムの要件にも対応する。また、仮想マシンリソースを1GHz/1GB単位で選択可能なほか、プライベートネットワークセグメントを自由に作成できる。操作性に優れたセルフポータルも提供する。

 インターネット接続とグローバルIPアドレス、冗長構成のファイアーウォールを標準で提供、HA(High Availability:高可用性)サーバーも標準で装備している。24時間365日のサポートも提供する。

 ASPIREの価格は、「リソースプール型」が月額3900円(税別、以下同様)からで、「サーバー専有型」が月額38万2400円からになる。

関連記事

ソフトバンク、SLA99.999%を保証するクラウドサービスを提供ソフトバンクは2016年7月22日、信頼性と性能に優れた企業向けクラウドサービスである「ホワイトクラウド ASPIRE」の申し込みの受け付けを、2016年8月8日に開始すると発表した。SLA(Service Level Agreement:品質保証制度)99.999%を保証する。

PAGE TOP