[新製品・サービス]

ユニアデックスが低コスト運用を可能にするSD-WANソリューションの提供を開始

2016年8月15日(月)IT Leaders編集部

ユニアデックスは2016年8月12日、米Nuage Networks(ニュアージュ)のSD-WANソリューションの販売を開始した。製品の販売から導入、運用・保守までをユニアデックスがトータルで提供する。

 SDN(Software-Defined Networking)は、ネットワーク機器をソフトウェアで集中する技術。これをWAN(Wide Area Network)環境にも適用したのがSD-WAN。

 ニュアージュのSD-WANソリューションである「Nuage Networks VNS(Virtual Network Services)」は、インターネットを含むWANの通信品質を保持しながらセキュリティレベルの高いWAN環境を構築する。多拠点のネットワークの一括管理も可能となっている。

 Nuage Networks VNSは、データセンターに配置されネットワークの管理と既存の環境とを連携する「VSD」、ネットワークの制御を行う「VSC」、各拠点に配置されWAN回線を収容するルーター「NSG」で構成される。

 拠点ごとの回線状況に基づいたネットワークを選択してデータを転送する機能により、廉価な回線やLTE(Long Term Evolution)などの携帯電話回線といった、複数のネットワークを束ねて、広帯域で高品質のネットワークを提供できる。

 NSGの設置と設定時間を短縮する機能を搭載しており、各拠点の管理者は、ネットワークの専門知識が無くても導入・構築が行える。また、複数拠点のネットワークを1つの管理画面で操作できるため、海外拠点のネットワークを含めた一元管理が可能になる。

 ユーザーのデータセンターやサーバーに設置したVSC、VSDで、すべてのNSGの管理情報を一元的に管理、制御できるので、セキュリティも高いレベルで維持できる。センター側で特定の通信のみをセキュリティ機器に迂回させることや、VoIPやビデオなどの特定通信の制御を拠点間だけで実現することも可能となっている。

関連記事

ユニアデックスが低コスト運用を可能にするSD-WANソリューションの提供を開始ユニアデックスは2016年8月12日、米Nuage Networks(ニュアージュ)のSD-WANソリューションの販売を開始した。製品の販売から導入、運用・保守までをユニアデックスがトータルで提供する。

PAGE TOP