[新製品・サービス]

富士通、ビッグデータを統合・分析しプロモーション施策を高度化するサービスを発売

2016年8月24日(水)IT Leaders編集部

富士通は2016年8月23日、社内外のさまざまなデータを統合・分析し、効果的なプロモーションの実施を可能にする「DMP(Data Management Platform)インテグレーションサービス」を発売した。既存顧客とのつながりの強化に向けて、自社システムに蓄積したデータを活用できる。

 「DMPインテグレーションサービス」では、Webプロモーションやメールキャンペーンなど、利用シーンに合わせてデータの蓄積から活用までをサポートし、さまざまな情報を統合・分析することで、個々の顧客を意識したプロモーション施策の立案と実行を可能にする。

 顧客1人ひとりの購買・行動履歴に基づいた適切なプロモーションを提案するデータ統合・分析・活用基盤を提供し、各種チャネルとの連携を行う。そのために、ユーザーが保有する顧客情報などの多種多様な基幹データを統合管理するデータベースと、インターネットでの検索・閲覧などのアクセスデータを結び付ける。

 企業サイトでのパーソナライズ表示やECサイトでの高精度なレコメンド、適切なタイミングでのキャンペーンメール発信、ディスプレイ広告の効率化など、細かなプロモーション活動を自律的に行えるようになる。

 富士通は、同サービスの発売に先駆け、自社のPCショッピングサイト「WEB MART」のディスプレイ広告配信で実証実験を行ったという。富士通の顧客データと広告事業を手がけるSupershipが保有するデータを連携させ、広告を出稿するターゲットを細かく絞り込むことで、1件当りにかかる広告コストを示すCPA(Cost Per Action)値を3分の1に削減できたとしている。

 現在、BtoB向けのマーケティング業務でも同サービスを活用した実証を行っており、それらを含めて社内での実践をリファレンス化し、ユーザーに提案していくという。

 DMPインテグレーションサービスの提供時期は2016年10月で、価格は個別見積になる。富士通は2018年度までに、同サービスおよび関連製品で累計100億円の販売を目標にする。

関連記事

富士通、ビッグデータを統合・分析しプロモーション施策を高度化するサービスを発売富士通は2016年8月23日、社内外のさまざまなデータを統合・分析し、効果的なプロモーションの実施を可能にする「DMP(Data Management Platform)インテグレーションサービス」を発売した。既存顧客とのつながりの強化に向けて、自社システムに蓄積したデータを活用できる。

PAGE TOP